2024年8月14日 (水)

 ☆≡≡更新情報≡≡☆

 
へーせーの終わりと、れーわの始まりを跨いで長いお休みがありますけど、
みなさん何かされます??
 
Atrdsca09900
 
一回の記事の長さを短めにしようとしてるんですけど、回数ばっかりかさんじゃってあんまりよくないね。
どーしよっかなー。 
 
 ◎『アマガミ』 絢辻さん SS リンク目次
 ◎『アマガミ』 絢辻さんシナリオ解読企画 「手帳の中のダイヤモンド」目次
  

●●====  日記・旅など  ====================================== 
 
 運転手さん、そのバスに~常呂のターミナルに、今日も時代劇は流れる~
   常呂の役所ではバスの運行も把握されていないし、おばーちゃんはテレビを見にバスターミナルにやってくる。
   そんなジ・エンド・オブ・平成。
 
 ◇なしとげて、白金。Side-B ~『北へ。』26・旭川・美瑛・白金温泉~
   8年ぶり、真冬の旭川・白金温泉へ、ズベ公と一緒にいく。クソみたいに晴れる。
    1日目: [ 第01回 ] / [ 第02回 ] 
    2日目: [ 第03回 ] / [ 第04回 ] / [ 第05回 ] / [ 第06回 ] / [ 第07回 ] / [ 第08回 ]   
    3日目: [ 第09回 ] / [ 第10回 ] / [ 第11回 ] / [ 第12回 ] / [ 第13回 ] / [ 第14回 ]
 
 ◇裏切りとハゲ山の一夜~小諸、19回目。 [ 前篇 ] / [ 後篇 ]
   小諸に桜を見に行ったら、全然咲いていなかったので、はげ山を見て帰って来たでゴザル2019。

 春分の風はかたくなに
   春分の日、いつもの喫茶店。いつもと違う人々。
 
 
●●====  感想やご意見  ===================================== 
 〇フィフネルの宇宙理論~ブラックホールシャドウの撮影成功に思う、分からないコトと、その先に広がる不確かな未来~
   ブラックホールが自撮りしたらどうなるの?

 アトリエかぐやは小倉世帯
   『かぐや様は告らせたい!』の1話を最後に見たら、大変などんでん返しが待っていた! 
 豊穣なる女神たちの調和~『ウィザーズシンフォニー』感想、或はダンジョンRPGの不毛な日常について~
   Nintendo Switch版『ウィザーズシンフォニー』やってたら、ダンジョンRPGが不毛に思えてきた。 

 
●●====  二次創作・SS  ====================================== 
 
 ▼渡りビトの遠いなわばり~SS『けものフレンズ』より~
   アニメ『けものフレンズ』より。あの好奇心旺盛なフレンズが、
   フレンズの、そしてヒトのある習性について、知りたいここがあるらしい……。
  
 ▼沢の踏み跡
   『ヤマノススメ』より。 「お漬け物の家」(↓)の続編
 
 ▼お漬け物の家 前篇 / 後篇 / あとがき
   『ヤマノススメ』より。ルリビタキを見たいここなちゃん、お漬け物お弁当で発進!
 
 ▼あやとりのソラ、夏海のストーン・ヘンジ (1) / (2) / (3) / (4)
   『のんのんびより』より、ひとり帰りのバスに乗りそびれた夏海が見つけたものとは。
 
 ▼『GJ部』SS・コタツじかけのオみかん~みかんのすじは俺のすじ~
   その(1)その(2)その(3) Interval
    ある年のお正月、うるさい家を抜け出して、こっそり部室に潜伏に来た真央。
 
 ▼稜・線・鼎・話 ~『アマガミ』SS・絢辻さん・薫・中多さん~ 前編 / 後編
    『アマガミ』より、輝日東高校・放課後の美術室で出会った三人。
 
 ▼a white day~ミューズの座布団 その一 / その二 / その三 / その四 / その五 / その六
  『ひだまりスケッチ』から、なずなと宮子、ある日曜の一幕。
 
  
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月14日 (日)

■夢は、でかくなけりゃキモくないだろう? ~パラダイス邪な需要 -更新第1326回-

G20ってもう終わったの? どこが優勝したの?
オイサンです。

どこが勝ったんでもいいけど、どこが安売りするの?


■アイドルはトイレに行かないし焼香もしない

ジャニーズ事務所の首領〈ドン〉がお亡くなりになった。
別に自分はジャニーズ好きじゃないし、ジャニーズのタレントが出るようなテレビも見るワケじゃないから全然関係ないといえば関係ない……と思っていたけれど、果たしてそうだろうか? と、ハタと思ったので書き留めておく。
 
 
▼勇気100% 光GENJI SUPER5

 
 

ジャニー喜多川と言えば、テレビの裏側をガッツリ牛耳っていた、的な黒いウワサ・都市伝説の類には事欠かない。
自分トコのタレントをゴリ押しで賞レースにねじ込むだとか、各テレビ局に優遇させるだとか。それはオイサンが小学生だった30年も前から変わりがない。ずーっとだ。ずーっとそんなことを言われ続けている。


それらの伝説めいた噂が事実なのかどうかは知らない(そしてまた、それらも含めて、ご自身がミステリアスで話題性のあるコンテンツだったと言えるのだ)けれども、仮に本当だったとするならば、テレビの内側の世界では彼の死をキッカケに大小様々な枷が外れ、今まで抑えられていたいろんな力が色んな場所で、色んな作用の仕方を始めるであろうし、となれば、その変化の影響がテレビの画面に現れてくることは想像に難くない。


テレビに映し出される「モノ」、あるいはその様子が変わる。海の底で起こった地震そのものは見えなくても、海面の波の様子は我々の目にも届くだろう。


テレビ画面のこちら側・外側からの作用には変化はないからその影響が大きい部分は変わらないだろうけど、向こう側・内側のチカラで動いていた部分はガラッと様変わりするんじゃないだろうか。


自分はそもそもアニメ以外のテレビはほとんど、殊に件の事務所がタレントを送り込むことの多そうな歌番組やバラエティ番組は見ないからその違いを肌で感じる機会はそう多くないだろうけど、きっとそれらを多く見る人たちは、この先「おや?」とか、「そういえばさー」くらいに思うことが増えると思われる。どうぞご期待ください(なにをだ)。


彼の死や、それに伴う生前のニュースが、放っておいてもコロコロと目に耳に転がり込んでくるけれども、その大半は「こんなに良い人だった」「素晴らしい人だった」というモノだ。


悪行については、上で書いたオシゴト関連の他にもないではない。
自分トコのタレントをお稚児さんのようにつまみ食いしているというハナシが、これまた嘘かマコトか有名だが、その辺に突っ込んで触れようとしたハナシ、メディアは今のところないようである。


かの事務所のチカラの大きいこと、ソンタクの産物でもあるのだろうけれども、影響力の根源であるご本人が世を去って尚誰も攻撃をかけようとしないというのは、やはりある程度、人徳のタマモノと言えよう。


マ、死んですぐの故人を大っぴらに悪し様に言おうという人間もそうないだろう(個人の葬式なら知らん)し、「彼よりよっぽど品がない」と名高いとされる因業婆が後ろに控えていることもあるのだろうけれど、死して尚各方面から様々に慮られるということは、恐らくそれなりに多くの力ある立場の人間が彼の世話になり、「彼の人の最期を穢すまい」とする、リスペクトの対象にもなっていたということであろう。
これはこれで稀有なことだ。
 
 
自分が生まれた頃からテレビという身近で遠いきらびやかな世界の裏側を牛耳っていた者の死が、果たしてこの先の自分の目に映るものをどのくらい変えてくれるのか……。
マいずれにせよ、ジャイケル・マクソンさんとジャニーさんがお亡くなりになった今、あちらで合流してまた要らん悪さを働いていないか、気になるところではある。エンジェルの皆さんもぱんつくらいは履いた方がよいかもしれない。


どこまでいっても、自分と関係の濃いハナシではないが……物心ついてからの30数年来、テレビの向こうで謎のオーラを放ち続けた人の影は、少なからず自分の人生になんらかの花を添えていた。そんな風に感じる。


アイドル市場なんてものは、イマドキなかなか、オトコの子向けにもオンナの子向けにも花盛りではあるようであるが、自分がエエ加減オトナになってしまうと、その向こう側にある物ばかりが気になってしまって、必死に彼らが届けようとしているモノ……なのか、彼ら自身はそうでなくとも彼らに乗り移った「アイドル」という霊魂の器の様なものが宿命的に届けようとしているモノ、即ち愛だとか、夢だとか、勇気だとか、を素直に直視することができなくなってしまうし、アイドルさんご本人たちも、なんかどっか、「ちがうな」と思ってしまいがちな気がするけれども。

悪さの話は別にして、人に好かれ、リスペクトを受けていた側のジャニー氏がアイドルに託そうとしていたものがキチンと届き、リアルな世界に力を及ぼすヨノナカであっては欲しいなあと思う、そんな夢のようなオイサンです。


カンケイないと思いこんでいたことが、実はそうでもないかもしれないとハタと気付いたので……書き留めた次第である。



 

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

■ブラッコベリーさんの入院 -更新第1325回-

年を取って涙もろくなったせいで、逆にナミダぼろぼろこぼしながら「この映画イマイチだな」とか思っていることも少なくないメンドクセエおじさんです。


皆さんには黙っていましたが、実はひと月ほど前にBlackBerryさんが壊れました。
否、この言い方は正しくないな。
壊しました。
BlackBerryさんを。落っことして。

道端で、忘れもしないクリーニング屋の前の道です、ガチャン、と落としてしまって、最初は気付かなかったんだけれども、あとになってよくよく見ると液晶にヒビが入っている。
強化ガラスは貼っていたのだけど、悲しいかな、それがカバーしていない画面下部のソフトキー(△・○・□)の部分がやられてしまった。
 
 
Atrdsc02127
 
 
それでもなお1日はフツーに使えていたのだけれども、時間が経つにつれ右端の□キーが利かなかったり暴発したりするようになってしまい、いよいよまともに使えなくなってしまった。

これではもう致し方ない、修理だなとカクゴを決めて、メーカー代理店のFOXさんにご相談しました。



■まちで見かけた神対応 その1 : ビックカメラさん

デ、FOXさんのサポセンに連絡しようと思ったが、どうもメール(或いはHPからの問い合わせフォーム)でしかやっていないご様子。
マいまどきそんなモンですやな。

サイトのフォームに機種や症状など、必要事項を記入したところで気付いたのは、「保証書か、購入時のレシートの添付が必要」ということ。

ムムム。そんなの、多分とってないぞ。

心当たりを探した結果やっぱり見つからなかったのでとりあえずナシで問い合わせだけ送信し、購入したビックカメラさんに再発行してもらえないかとダメ元であたってみたところ、過去のジャーナルを検索して手書きの領収書を発行してくれた。やるやないか。
ポイントカードを持っていたことと、購入時期をほぼピンポイントで言えたことが奏功した。やったぜ。

その一連の作業をハタで見ていたのだけれども、店員さんがめくる手書き領収書帳には、「紛失のため再発行」と書かれたログが結構残っていたので、そこそこ需要があるようである。クククッ、マヌケが多い町だぜ。 ← マヌケ
いずれにしろ、これがあったおかげで、以降のFOXさんへの手続きはスムーズにいったのであった。
ありがたいことです。



■まちで見かけた神対応 その2 : FOXさん

FOXの担当の方と、メールで一週間ほどやりとりしたあと、本体を返送。
見積りで、修理期間は最短で2週間、長けりゃ1ヶ月以上、費用は2万円チョイ~最悪で4万円弱という幅があったが、期間も費用も最少で済んだ。
6月の10日に返送し、返ってきたのは24日でした。
マどのくらいマージンをみて期間やお金を見積もってるか分からないけど、悪くないんじゃないかと思う。
多分全とっかえだろうしね。

送り返したのは本体だけだったのだけども、USBケーブルやアダプタ、イヤフォンなども一式箱に詰まって返ってきた。おまえ、なかなかやるやないか。新品一式送り返した方が、手順的にローコストなだけかもしれないが、ありがたい話である。



■まちで見かけた神対応 その3 : Android & Googleさん

機体は初期化されてしまっていた(ていうか、返送前に自分で初期化した)ので、色々再設定をしなければならなかった。
それについては、どんな設定をしてたかとか、どんなアプリを入れてたかとか、docomoやniftyのメールをどうやってGmailアプリに設定していたかとか、色々と不安があったのだが。

素晴らしいことに、端末の初期設定を済ませてGoogleアカウントに入っただけで、ザクザクとそれまでのアプリやらなんやらを勝手に復元し始めた。おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおすげえなクラウドコンピューティング。どないなっとんねん。イマドキこれが普通ですか?

みるみる元の姿を取り戻していくBlackBerryKEY2さんをただただ見守りながら、すっかり驚き&感心してしまった。ちょっと気持ち悪いくらいだ。



……マそんなことで、壊れてひと月足らずでほとんどすっかり元通りになったオイサンのBlackBerryKEY2さんです。



■スマートフォンの性能差をまざまざと思い知る1か月間

ではその、BBKEY2さんが本国に入院されていた1か月間、自分はどう過ごしていたのかというと……当然、そもそもdocomoさんで購入したAQUOSeverさんに戻して使っていたのですが(いまBBKEY2さんに入っているSimカードはそこから挿し替えて使っている)。


これがなんとも……色々と、動作が遅かったり、容量が心もとなかったりと、イライラとまでは言わないまでも、スマートフォンの性能差ってここまであったもんなのかと実感しておりました。
マ確かに、AQUOSeverさんからBBKEY2さんに乗り換えたときも、「おお速いな」と思ったりしたのですが、速い→遅いに戻してみるとその体感はより身に染みて分かりました。


AQUOSeverさんに載っているチップセットは、クアルコムのローエンド向け「Snapdragon430」でメモリは2G。
BBKEY2さんのはミドルクラス向け「Snapdragon660」でメモリは6GBとあるので、それだけの差は出ているご様子。
AQUOSeverさんに戻して数日でなんだかボンヤリとした不安を覚え、これを機にdocomoさんとの契約も一クラス上に機種変更しようかなー、などとよからぬことを画策してしまうくらいの差は感じました。

ワリと真面目に機種選びまで考えて、結構楽しかった。
結論としてはSIMフリー機のZenfonさん方面にいっちゃったんだけど。


「Snapdragon6xx」の上にはハイエンド向けの「8xx」シリーズがおられるのでそちらの性能がどれほどのモノなのかにもちょっと興味がわいてくるくらいであった。マそのクラスのやつはクソ高いんだけどさ。8~10万円弱くらいはなさるご様子。そんなモン一時のお遊びの気持ちで買えるか。ていうか、そんなの買う人はそのスペックを何に使っているんだろか?

それでも、いままであんまりスマートフォンの上位機種を欲しいと思ったことなんかなかったのだけど、なるほどこれは、その差を知っていれば欲するに足るものだな。

マなんてことのない、「スマホ壊れましたレポート」と、技術の進歩を実感したレポートでした。



あと、技術の進歩といえば。
お風呂で使っているカラダを洗う用のタオルがダメになったから4、5年ぶりに買い換えたのですが、泡立ちがアホみたいに良くなったので超ビックリしてます。
別に特別でもなんでもない、近所のスーパーで買った3、400円のタオルなんだけど、スマホのスペック差以上のオドロキ。
いやあ、やっぱり技術の進歩はすごい! お風呂でカラダ洗うの楽しくなっちゃったもんな(そんなか。乙女か)。
 
 


買ったのはコレジャナイと思うけど、似たようなもんだと思う。
 
 
 
オイサンでした。
 
 
 

 

| | コメント (0)

«■ゴジラが踏んでも壊れない、家族のキズナとハズキのルーペ~『GODZILLA: King of the Monsters』感想 -更新第1324回-