☆≡≡更新情報≡≡☆

 
いつの間にやら9月ももう終盤。
夏は過ぎ、今日はキンモクセイの香りを感じました。秋到来ですね。

 
Atrdsc05642


  
 ◎『アマガミ』 絢辻さん SS リンク目次
 ◎『アマガミ』 絢辻さんシナリオ解読企画 「手帳の中のダイヤモンド」目次
  
●●====  日記・旅など  ====================================== 
 ■老人は趣味で老い先を削る~ゾイドワイルド、ボトルマン、ネット動画などについて~
  年甲斐もなく、ボトルマンの発表になんとなく胸を熱くする。

 ■発熱の夜~アラフォー免疫する!の段
  ただのカゼだと思うけど、謎の発熱と戦い勝利した夜のハナシ。

 ■季節を抱きしめて~小諸・辰野のレイニートリップ~
  [ 第1回 ]  [ 第2回 ] [ 第3回 ] 
  コロナをよけて行く、長野・山梨の旅。

 
●●====  感想やご意見  ===================================== 
 〇二人の恋はパラレルラブ!~かっこつけのお爺ちゃんの魂と青梅の駅ですれ違うの段~
  俺の前で青梅の悪口はゆるさない。

 〇ハッとしてgood taste~うなぎパイ、カレーに生絞りレモンの段~
  ちょっと変わってるくらいがいいエッセンス。

 〇前略 腐海の底から~『風の谷のナウシカ』再考~
  コロナ中の空いた映画館で、『ナウシカ』を見直す。


  
●●====  二次創作・SS  ====================================== 
 ▼はーふぼいるど・異端審問 ~『となりの吸血鬼さん』より~
   (1) (2) (3) (4) (5)
  ソフィーちゃんがたどたどしい手つきでゆで卵をむきます。

 ▼渡りビトの遠いなわばり~SS『けものフレンズ』より~
   アニメ『けものフレンズ』より。あの好奇心旺盛なフレンズが、
   フレンズの、そしてヒトのある習性について、知りたいここがあるらしい……。
  
 ▼沢の踏み跡
   『ヤマノススメ』より。 「お漬け物の家」(↓)の続編
 
 ▼お漬け物の家 前篇 / 後篇 / あとがき
   『ヤマノススメ』より。ルリビタキを見たいここなちゃん、お漬け物お弁当で発進!
 
 ▼あやとりのソラ、夏海のストーン・ヘンジ (1) / (2) / (3) / (4)
   『のんのんびより』より、ひとり帰りのバスに乗りそびれた夏海が見つけたものとは。
 
 ▼『GJ部』SS・コタツじかけのオみかん~みかんのすじは俺のすじ~
   その(1)その(2)その(3) Interval
    ある年のお正月、うるさい家を抜け出して、こっそり部室に潜伏に来た真央。
 
 ▼稜・線・鼎・話 ~『アマガミ』SS・絢辻さん・薫・中多さん~ 前編 / 後編
    『アマガミ』より、輝日東高校・放課後の美術室で出会った三人。
 
 ▼a white day~ミューズの座布団 その一 / その二 / その三 / その四 / その五 / その六
  『ひだまりスケッチ』から、なずなと宮子、ある日曜の一幕。
 
  
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年9月26日 (土)

■トビウオに乗って雲を突き抜けFlyAway! 体中に広がるパノラマ! SPARKING!! -更新第1415回-


 今回はわりかしアカデミックな内容です。
 知的好奇心とかいうなんか高尚なスカしたやつが旺盛なお前らは期待してお読みください。
 ケッ馬鹿どもめなにが知的好奇心だカッコつけ腐って言ってみりゃ出歯ガメ根性のこざかしいバージョンだろうが。 ← 知的好奇心にネコでも殺されたのか
 
 

■電気トビウオは雲を突き抜ける夢を見るか

 2020年7月期でもっとも光り輝いていたアニメといえば『放課後ていぼう日誌』ですが、そのエンディングを聴いていたら、

  ♪ トビウオに乗って 雲つきぬけるよー

のくだりでついつい、「トビウオは雲は突き抜けねえだろ」とヤボなツッコミをしてしまった。

 のだが。

 ……果たして、本当にそうだろうか?
 我々は(主語が大きい)トビウオの一体何を知っているというのか。
 トビウオが飛行するとき、その最大航続距離は? 最高高度は? そもそも、トビウオはなぜ飛ぶのか?
 などなど、まったくトビウオさんの実態を知りもしないで突っ込んでしまっている自分に気付いて恥ずかしくなってしまった。なんということだ。これでは、何も知らずにただただ釣りを面白がっていた陽渚ちゃんを笑えないではないか。

 あとトビウオってエラ呼吸ですよね。じゃあ彼らは、空気中に飛び出す前には人間が水に潜るときみたく、大きく息(?)を吸い込んで止めたり、するんだろうか? とか考えてしまった。

 分からないことは聞けばいい。Google先生に。
 そこで、トビウオについて色々調べてみました! いかがでしたか!!? ← 早い
 
 

■疑問その1
 「トビウオはなんでとぶのん?」

 9さいですけどー。
 最初の疑問はそもそものところ、トビウオが、エラ呼吸のその身を押してまで、なぜ飛び上がるのかという理由の部分。

 ▼トビウオはなぜ飛ぶのか?[ 案外知らない魚の面白話 ]
 http://fishworld.tobiiro.jp/entry6.html
 ▼トビウオよ、なぜ飛ぶ?[ 東京魚チング ] 
 https://www.ifarc.metro.tokyo.lg.jp/old/tokyowatching/...

 フム。
 この辺の記事によれば、トビウオが飛ぶのは、表層魚であるがゆえに捕食者の大型魚に海面まで追い詰められたとき、緊急避難的に飛ぶ、というのが大筋での見方であるようだ。中には「娯楽で飛ぶ場合もある」という説もあるようだが……それはきっと、人間が素潜りをやったり、バンジージャンプをやったり、鳥人間コンテストに出場するようなものなのであろう、多分。

 ついでに言うと、「大型魚から逃れて海面に飛び出た瞬間、海鳥に食べられて死ぬ」ケースも結構あるようで、イヤハヤ、自然界さんはやはりどこまで行ってもキビシイことばかりです。イケハヤではなく。
 
 

■疑問その2
 「トビウオはどのくらいとぶのん?」

 2つ目は、今回の疑問の出どころともいえる内容であり最重要であると言える。高度、そして飛行航続距離である。どのくらい高く? どのくらい遠く? プロゴルファー猿をも驚かすくらい、速く!強く!高く! を見せてもらいたいものである。

 ▼『プロゴルファー猿』 夢を勝ち取ろう
 


 ▼トビウオの飛行距離は何メートル?釣り方やそのお味とは[ TSURI HACK ] 
 https://tsurihack.com/889

 ▼トビウオは何メートル飛べるだろうか[ 雑学倶楽部 ]
 http://www.book-navi.com/zatugaku-club/bn/2-52.html

 フム、この他にもいくつかページを見て回ったのだが、高さについてはおおむね、2~6m程度のようである。……ナルホド分かった。これで堂々と、『放課後ていぼう日誌』のエンディングに突っ込むことができます。
   
  イヤイヤイヤwwww
  トビウオに乗って、雲は突き抜けねえでしょwwwww
  いいとこ6mだよwwwww
 
 ああスッキリした。
 ねえ、数値的事実の根拠を以て突っ込んでるんだから、向こうもモンク言えねえだろ(理系。

 しかし、驚くのはその飛距離の方です。こちらもいくつかページを見たところ、なんと100mから300m、「大型のものになると600m飛ぶものも」なのだそうです。これはすごい、思ったよりお飛びになるんですね!
 たいていのページで「100mから……」と書かれているところを見るにつけ、ミニマムでも100mは飛ぶということでしょう。『プロゴルファー猿』のドラコン回の記録が確か330ヤードくらいだったと思うので概ね300mくらいですから、フツーによく飛ぶやつでドッコイドッコイくらいは飛ぶ、めっちゃ飛ぶ奴はその倍は飛ぼうってんですから、猿丸アニキを驚かすには十分でしょう。飛べ! 速く強く、高く!

 あと「大型になると600mに伸びる」とあったのだけど、フツーに考えたら長く飛ぶには小型の方が有利っぽいけど、そうではないんですね。ヒレの大きさとかがものを言うカンジなのでしょうか。


 ▼空を飛ぶ魚「トビウオ」最大飛距離は500メートル!? [ 魚とぴ ] 
 https://uotopi.com/flyfish-zukan/

 ついでに飛行速度も載っていたので見てみると、なんと時速50km~70㎞。これも思ってたより速えな。船の上から飛んでるのを見たことがあったけど、こっちも動いていたのでそんなに速くは見えなかった、なんなら若干停まってるくらいに見えていたんだけど、これもまた驚きの速さです。
 ちなみに、プロゴルファーがドライバーショット(なぜゴルファーとの比較にこだわり始めた)で打ち出す球の初速が秒速60m~70mくらいなのだそうで、時速に直すと時速220~250㎞前後くらいになるご様子。さすがにこっちではプロゴルファー猿さんを驚かせるには至らない感じです。
 
 どーでもいいけどさ、そんな長距離飛んじゃうんじゃ、ウッカリ陸地付近で飛べませんよね。陸の近くで緊急避難でテイクオフした日には、そのまま地上に降りてしまって死んじゃうおドジさんもいるんじゃないの? 鳥人間コンテストで、対岸まで飛んじゃった、みたいな。

 関係ないけど、鳥人間コンテストで対岸まで届くくらい飛ばれちゃうとなんか白けちゃいません? いやオマエ、そこまで求めてねえよ……みたいな。風は読むけど空気は読まねえなオマエ、みたいな(ドヤァ そんなことない? オイサンだけかなあ。すいません全然関係ないですね。次行きましょう。


■疑問その3
 「トビウオは飛んでるあいだ、息継ぎはどないしとるのん?」

 オイサンがワリと知りたかったこちらの情報については、ほとんど記述が見つかりませんでした。

 ▼飛行中の呼吸に関して
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_d...

 似た疑問を持っている人はそこそこ見受けられたのですが、正確な回答が載っているところは見つからず。いつかさかなクンさんにお会いすることがあれば聞いてみたいです。


■オマケ+Closing

 最後にヒトツ、Wikipediaに驚きの記述が見つかったのでご紹介しておきます。

 ▼トビウオ(関連項目) [ wikipedia ] 
 https://ja.wikipedia.org/wiki/トビウオ(関連項目)
 
Tobiuo1
  
Tobiuo2
 
 "プクプク - スーパーマリオシリーズのキャラクター。トビウオがモデルとなっている。"
 
 フグじゃねえの!!!?! たしかに飛ぶけど! フグの飛ぶやつじゃねえのアレ!???!?!? 見た目からしたらフグの飛ぶやつだろ!
 まじかー……。見た目に騙された……。確かにアイツかなり飛ぶなー……。ジュゲムと同じくらいまで飛ぶし、アイツなら雲突き抜けるまであるなー……。そっか、アイツのことだったかー……。
 すみません間違ってました! 「トビウオに乗って雲突き抜ける」、あり得ます!
 あとどうでもいいけど、記事のタイトルにした『ドラゴンボールZ』のOP「CHARA HEAD-CHARA」でも雲突き抜けるし、『ガルパン』のDreamRiserでも

  ♪ 加速度を上げて! 雲を突き抜けて!

 という歌詞があって、いろんな人たちに突き抜けられて雲サンも大変だなって思いました。

 ……。

 とマアこんな感じで、珍しくアカデミックな記事、いかがでしたでしょうか?
 お前らのチテキコーキシンは満たされましたかね? 分かったらとっとと帰れバカタレが。
 我ながら何がすごいって、歌の歌詞へのしょうもないツッコミひとつからこれだけ記事をひねり出せるってことがすごいと思います。
 やるやんオレ。
 オイサンでした。
 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

■老人は趣味で老い先を削る~ゾイドワイルド、ボトルマン、ネット動画などについて~ -更新第1414回-


 どうも、オイサンです。ひと月ほど前の猛暑の最中に45歳になりました。なので今日は、オモチャの話ばっかりします(論理の破綻)。

 ところでみなさんお待たせ致しました、いよいよです。
 え、何がいよいよかって? そりゃもう……わかってるクセに。
 ……分かんない? マジでか。血の巡りの悪いやっちゃな。こんな知性のカケラもないブログばっかり読んでるからですよ。もう少し知性や感性を磨かれた方がよろしいかと存じます。

 仕方がないので、何が「いよいよ」なのかホントに分かんない人のためんに、ハナシの最後↓で種明かしをしようと思います。何がいよいよなのか、よく考えながら本編を読み進めてみて下さい。

 ピンと来てる人は、さぞかし「くだんねー」とお思いでしょうね……。私もそう思います。


■いま、タカラトミーがアツい!

 いけ、バーニングライガー!!!

 急に大きな声を出すな。……肺が痛い。トシなのに無茶するから。

 いや、先ごろ発表された新作ゾイドの、バーニングライガーがなかなか格好良かったので、ちょっと嬉しくなってしまいました。

 『ゾイドワイルド』、アニメの方は、自分はアニメゾイド世代でないため見ておらず、肝心のキットの方も、イマドキのメカメカしさというか、曲線よりも直線、生物っぽさよりも兵器・戦闘メカっぽさをアピールしたデザインが、超旧世代(ヘリックVSゼネバス初期、マッドサンダー辺りまで)の自分には今ヒトツ響かなくて……一番最初にクワーガを買ったっきりだったのだけど、最近、ちょっとまた様子が変わってきたようにお見受けする。


 最新キットのバーニングライガーはかなり旧世代ゾイドに近いカッコよさ・渋みがあって、ワリとかなりほしい感じである。

 メカメカしいところ、鋭角部分よりも、生物感・肉感・曲線が前面に浮き出てきたように思う。8月にリリースされた巨大ゾイドのゼログライジスもかなり良かった。惜しいところでもう一歩だったので手を付けなかったけれども。

 もしかしてこの展開は、タカラトミーさんの最初からの戦略なのだろうか?
 先ずは、リアル少年世代へ向けてよりアピールする、ハデハデ・トゲトゲ・メカメカ・キンキラの機体を前面に押し出し、数年が経過してボーイ世代が若干渋みを理解するようになったタイミングで、渋めのモデルをリリースする……とか?
 だとしたらすげえなあ。アタマが良くて、キモの座った長期視点を持ったオトナがブレーンについているに違いない。

 タカラトミー公式の紹介ゾイド動画チャンネルも気に入っている。パーフェクトヒューマン片山氏のよく通る声と熱メのテンションがいい。そんなに熱心な視聴者ではないが、チョイチョイと見ている。オイサンのようなオッサンボーイが羽を休めるのにはちょうどいいコンテンツである。
 
▼【ゾイドワイルドシリーズ】9月発売の新商品「ZW29スナイプテラ」の紹介動画を公開!



 羽を休めると言えば、スナイプテラはかっこいいので、ちょっとほしいなあ……とずっとチラ見している。ヨドバシ行くたびにスナイプテラの箱を撫でまわして帰るオジサンです。キモイ。


 

  
 キャノンブル、ステゴゲーゼ、ソニックバード辺りもわりかし好きです。もう軒並み買っちゃおうかしら。
 
 

■ノリツッコミもできるボトルマン!(できません)

 いけ、ギョクロック!!! 

 だから急に大声を出すな。ご近所にも迷惑だろ。

 ゾイドついでに、タカラトミーさんの新企画『ボトルマン』も発表もあったんですが、コレなんだかすごくイイですな。ただペットボトルのフタを発射するだけのメカで、何がイイんだかわからないけど妙にグッときます。子どもホビーの熱さが感じられる。

 ▼キャップ革命ボトルマン
 https://www.takaratomy.co.jp/products/bottleman/

 この『ボトルマン』、どうやらビーダマンの後釜企画らしいのだが、ビーダマンには全然触れたことがなかった自分は言われるまで気付かなかった。ていうか、ビーダマンってそんなに流行っていたのか。情報を色々と眺めているとなんだかとても面白い。魅力的である。

 初期リリース機体が3種あって、それぞれ特徴がちゃんとあるっぽいのもいい。実際どのくらいの差があるのか分からないけど。
 青のスピードタイプだけは明らかに違いがあるけど、赤いのの「パワー」がどのくらい強いのかとか、緑の「コントロール」がどの程度の精度が出るのかとかは、実物を触って確かめてみたい。 ← 全部買う気か
 ビーダマンっていうのにも、機体ごとの特徴とかがあったのかしら?

 きっとそのうち、どこかの飲料メーカーとコラボして、特定のドリンクのデザインをフィーチャーした機体が発売されたり、逆にボトルマン公式飲料が出て、何本かに1本はレアキャップが出たりする展開があったりするのだろう……寧ろしなかったら片手落ちであるっていうかあれ。
 遊びの面では、ボトルキャップを削って軽くしたり、逆に重くしたり、部分的にギザギザを刻んで回転がかかるようにしたりするテクニックが開発されていくことであろう。なんかそういった企画の方が楽しみ。

 ニンテンドースイッチと連動したデジタルな遊びもあるっていうのがすごいと思う。イマドキのおもちゃは、考えるのも作るのもすごいエネルギーが要りそうだけど、できてみるとすごい。
 ところで気になるのが、このスイッチ連動はオンライン対戦に対応するのかということだ。こういうフィジカルなゲームがオンライン通じて対戦できるとするとちょっとすごい。きっとゆくゆくは必ず対応するのだと思うが(期待&アオリ)、この手のアナログ+アクション性の高い遊びがオンラインで繋がる例に、自分は覚えがない。一つ、新しい発明になるんじゃないかというワクワクがすごくあるということをここに若干興奮気味に書き残しておきたiうおおおおおおおおーーーーーッいっけえーーーーーーーマグナムーーーーーーッ(よみがえるゼロヨンQ太魂)!!

 今回のタカラトミー公式チャンネルの更新は、ボトルマンの発表に合わせて、ゾイドワイルド、ベイブレードの3コンテンツ合同配信だったけど、なんかもう会社員がイチャついてる様子がたまらなく素敵だった。いいなあw 楽しそうだなあw 楽しそうだけど、ホントに仲いいのかなあ? オトナのうわべだけのアレだったらイヤだなあ。仲いいといいなあ。

▼タカラトミー 3大ボーイズホビー大特番!
 ~ベイブレード・ゾイドワイルド・B.Mの最新情報をゲットしろ!


 デュー山本氏が一体なぜデューなのか分かんねえけど。彼はなに、過去にベイブレードの広報アシなんかもやってたんですかね。
 
 

■甦る、マグナムげな魂

 さっきマグナムーって叫んだので思い出しましたけど(老人なので記憶の喚起にキーワードが必要)、先日気まぐれに回したこの400円のガチャガチャのVWビートルがですね、すごいデキがよくてびっくりしました。ダイヤキャスト製で持ち重り感がよく、ずっと撫でてたいくらい。
 
Atrdsc06268
Atrdsc06270
Atrdsc06269

 ▼フォルクスワーゲン TYPE1 [ カプセル玩具メーカーSHINEG ]
 https://shineg.co.jp/フォルクスワーゲン TYPE1

 これだけのモノが400円のガチャガチャで出せるんだったら、元祖チョロQも350円で量産して売れないモンなんですかね? 別に400円でもいいけど、最近の1000円とかはちょっとないんじゃね? と思う。このガチャをそんな大量に作っているとも思えないし、その数量で400円なんだったら、もっと大量につくれば……っていう。それとも1種類だけだから出来るんだろうか?
 ……などと、イイ感じに再興しているゾイド波に乗っかってチョロQも蘇ってくれねえだろうかなどと夢ばかり膨らませる小学40年生。


■オッサン、とうとうネット動画をたしなむ

 うおおおおおおおーーーーーーッたしナムーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ !!!!

 むりやりテンションを上げるな。
 マそんな風にですね。
 タカラトミーさんのお子さん向けネット配信を嬉しそうに見てしまうオイサンですけれども、そんな旧世代オッサンのオイサンも、最近になってようやく「Youtubeでネット配信の動画を見る」という文化になじみ始めた……気がする。つっても、足の親指をようやく湯船につけたレベルだけれども。
 テレビでちょっと見かけた興味深い人が、テレビでの露出がそんなになかったらネット配信の動画で探せばいい、という世の中になっていたことに、ようやく気付き始めた感じである。
 マそんなんで、最近はこういう ↓ 動画配信を見たり見なかったりしている。

 しかしこの、Youtubeとかで配信されているネット動画を、ただ「動画」っていうのはどうにかなんないんですかね? テレビだって動画じゃん? なんかもっと初期に、上手い言い分け方・名付けを誰かがするべきだったのではないだろうか。ネット動画って言えばいいのか?

▼藤原真一郎の釣り動画
【アジング】藤原真一郎のアジング道中~熊本県天草地方のフロートアジング~【Ajing】


 テレビの『フィッシング倶楽部』にたまに登場される、アジ釣りが得意なLUXXE(ラグゼ)プロスタッフのフジワラさん。まあとにかく、嬉しそうに釣りをなさるのが見ていて楽しいので心を安らがせるのにちょうどいい。連れた瞬間に「あーーーーアジアジアジアジアジwwアジアジアジw」って連呼したり、釣れたと思ったら満足げに「ホッホォ、ナイッサイーイズww」とか口走ってしまうところがかわいらしいですね。オッサン相手にオッサンがナニ言ってんだ。

 そんなかわいらしさの反面釣りは理論派で、説明や行動がとてもロジカルなのもイイ。マその分、一度機嫌を損ねたら怖そうっていうか、ややこしそうですけど。多分陰湿。 ← 個人の感想です。

 まあ釣り師の皆さん、釣れた瞬間には意味不明な叫びを上げる方がそこそこおられるようですけどもね。その辺の、釣り師の釣り師たるメンタリティを眺めるのが好きで、釣り番組なんかは見ています。釣りやらねえけど。

 あと「釣りが好きな人間に悪い奴はいない」的な物言いをする方がたまにおられますけど、マそんなことは決してなさそうだというのが、釣り系番組をずっとウォッチしているとなんとなく感じますね。こいつはワルそうだとか、この人はテレビだからにこやかにしているけど裏では怖そうだとか。イヤ、オイサンの人を見る目なんか全然アテになんないと思うけど。

 総じて素朴そうな方が多い印象ではあるけれども、多かれ少なかれハンター気質ではあるワケで、勝負事の世界で生きている以上獰猛にも狡猾にはなりますわな。とりあえず、バス釣りの人は一見して誤解を与えやすそうな感はあります。音楽界隈におけるラッパーみたいな。 ← 個人の偏見です

 あと、釣り師の皆さんがスポーツフィッシングをすることに対して「魚が遊んでくれている」とか、釣った魚に対して「釣れてくれてありがとう」とか言っているのを見るにつけ、相手は命がかかっているワケでどう考えてもアタマおかしいだろっていう猟奇性のようなものは拭いきれない。要るんですかね、あの謎のクリーンメンタリティ? ああでも言っていないと、やはり罪の意識でどうにかなってしまいそうだったりするんでしょうか? 外野の者としてはもう開き直っちゃった方がラクになれるんじゃねえの? などと思ったりいたしますが。
 職業漁師さんたちなんかはもう食う気満々でやってるわけですから別だと思いますけどね。


▼やまもといちろう氏の配信


 ネット動画配信にハナシを戻すと、年齢なりのオッサンくさいところではこの山本一郎氏の動画チャンネルがお気に入りですね。メジャーどころで意外性がないかもですけど。

 オイサンはオッサンだけれども、オッサンらしい視点や社会常識的知識をほぼ全くと言っていいほど身に着けていないので、その辺を勉強するには大変良い動画だと思います。
 あと、山本一郎氏の、なんというかこう、人の悪さというかw ピュアな悪意と、それをものの見事にコーティングするテクニックの素晴らしさが、オイサンのような人間の陰湿な気質と相性が良いご様子w わはははははw なんていうかですねw オブラートに包んでいるんだけどモノがオブラートだけに悪意がスッケスケに見えてるんですねw お前、論理上は覆うつもりだけど物理的には隠す気はないでしょ、っていう。わははははははwwwwwオモロイw 特にこの↑、ドコモ口座会の氏のうれしそうなことwwww 笑ろてるでえwwwwwww

 山本氏のすごいのは、まあ日に日にキチンと動画をアップさせていることですよね。毎日のように旬なネタを拾ってきては、ちゃんとわかりやすく解説をし、自分の意見・感想を述べていらっしゃる。これがすごい。

 取り上げるネタとしてはオイサンだってその日のウチに知っているようなコトである場合が多いワケで、オイサンも同じ記事やニュースなんかを目にして「オモロイな、興味深いな」と思いはするワケですけれども、なんかこう、記事にしてブログなんかに書きつけるには基礎知識や情報が足らないワケです。下調べとか、かみ砕いて考える時間が必要だと。

 それを山本氏は、概ね手持ちの知識と情報のみで、その日のうちに15分とか20分、だーっと喋れてしまうワケですね。扱うネタも政治経済から芸能スポーツくらいまで、かなり一般性の高い部分を広くカバーしているからまたすごい。

 オイサンは、興味・知識のカバー領域がせまいのでナカナカ一つ記事にしようと思えるモノに行き当たる頻度が高くないし、一個一個の深さもそう無いモンですから、記事に落とし込むまでに(ここをお読みの皆さんはご存知の通り!)すごい時間がかかる。オイサンと、そう年齢変わらないハズなんですけどね……やっぱすごいわ、真面目に生きてる人は。感心してしまいます。
 
 

■Closing

 マそんな感じで、今回は近ごろのオイサンが老い先短い人生をどんな益体もないことに浪費しているかをご紹介しました。
 「もっとまじめに生きて!」とか、「いい加減大人になれ!」「人の役に立つことを考えろ!」などなどのお叱り・ご意見など、お待ちしていません。送ってきた奴は殺す。IPアドレスやアクセス履歴から居場所をつきとめて必ず殺sウソです殺しません。ご安心ください。

 あと、冒頭で適当に盛り上げた「いよいよ」の件ですけど、更新回数が1414回なので、イヨイヨっていう、駄洒落です。それだけ。
 オイサンでした。 ← おまえがころされろ
 
 

 

| | コメント (0)

«■二人の恋はパラレルラブ!~かっこつけのお爺ちゃんの魂と青梅の駅ですれ違うの段~ -更新第1413回-