« ■すてきなRestart~『けものフレンズ』OP ようこそジャパリパークへ!感想~ -更新第1111回- | トップページ | ■記念日に平気でいんちきをする男の11年 -更新第1111.11回- »

2017年2月23日 (木)

■SEGAの新ハード『7つ星』について -更新第1111.01回-

今年から先、宇宙的な発見や発表が、きっと頻繁に起こるだろう……
などと、年の瀬から予言めいたことを言っていた矢先に、
SEGAの新ハード、「7つ星」が発表になりました。

 ▼NASA、地球に似た7惑星発見 水存在の可能性 [日本経済新聞]
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG22H1W_S7A220C1EA1000/

 ▼地球に似た惑星7つ見つかる 太陽系から40光年の宇宙で [NHKニュース]
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010886861000.html

 ▼TRAPPIST-1 [Wikipedia]
  https://ja.wikipedia.org/wiki/TRAPPIST-1


ちがった。
「SEGAの7つ星」じゃなくて、「NASAが7つの惑星」を見つけたニュースだった。
間違っちゃった、失敗失敗。テヘ。

しかし、フムウ。(急に真面目なカオ)……39光年先か……。
この発表を聞いた直後は、「近いな!」と「遠いな……」が、心に同居してしまった。
生まれたばかりのヒトの子どもを乗せて光の速さで飛んで行っても着く頃にはすっかりアラフォーで、
生きて地球に戻れるかは微妙な距離。

直接の行き来や交信を考えるにはまだまだ遠い世界だけど、
何万光年とかいう距離が平気で取りざたされる天文ニュースの分野の話だと思えば
きわめて卑近な種類だと言える……気がする。



しかしこう、どうだろう?



我々が深淵を覗きこむとき、深淵もまた、我々を覗いている。
そのことを思えば、あちらからもきっと、今頃こちらを覗きこんでいるに違いない。
今回こうして覗き込む先が当面7つに絞り込まれたということは、
気長に覗き込んでいれば、目ぐらいは合う可能性は、ずいぶんと高まったのではないだろうか。
あとまあ、今回大事なのは、「7個も!」っていうところですかね。
7個もあれば、どれか1個くらいは当たりなんじゃないかって気がしてきますものね。

……その昔、オイサンの敬愛したゲームクリエイターの故・飯野賢治氏が、


  「企画のアイディアを考えるとき、3つはあった方がいい。
      3つあれば、1つは当たりそうな気がするじゃないですか」



って本に書いてましたし(そんなことよく憶えてるなオレ)。
今回は、なんと! その倍以上あるワケです。
当たりが2個あっても、科学的におかしくない。ずいぶんチョロい科学だな。

そんな風に考えてみる。
……マその、目が合うにしても、39年前の人と目が合うワケだけどさ。
そー思うと、やっぱちょっと遠いな。
電波使おうが何しようが、光よりは遅いハズですしね。
お手紙のやり取りが出来ても、一生のうちに往復1回が関の山か。
ロンリネス。

しかし、諸君、気を落とすことはないよ(エラソウ)。
『シュタインズゲート』を思い出して見たまえ。
はじまりは、過去へのみ、情報のちいさな断片を送り込むことしか出来なかった時間航行の概念が、
未来へもヒト一人運べる形になるまで、そう時間はかからなかったではないか。
その怒涛の進歩は、「過去への小さな時間遡行が発見されたこと」を
さながら引き金のようにして起こっていった。
「時代」とは、そうしたものではなかったか?

今回、こうして一つ「強い動機」を手にした人類は、これからまたアホみたいなはやさで、
問題をクリアし、生きたい場所へ行き、見たい物を見ていくに違いあるまいよ。
だって、バカだから。人類。
そんでまた、人類、スケベだからw
見たい、嗅ぎたい、舐めたい、触りたい! にかけてはもう一級品だから。
やるよ。
やっちゃうよ、きっと。すぐだよ。
『ダッシュ勝平』のように!  ← オッサンか。
いまこそ叫ぼうではないか、



  「 『規制』は終わった 」 !



……。

ところで、SEGAで「7つ」といえば、真っ先にこのソフトが思い浮かんだ。

 ▼七ツ風の島物語
 


……のだけど、サターン専売ソフトっていうイメージが強かっただけで、
スクエニ(当時EINX)のゲームだった……。
他にも何かあったような気がしたんだけど、思い浮かんだのは
ドリームキャストのロンチタイトルにあった『セヴンスクロス』(NEC-IC)だった。
うーん。
サターン……は、6番目のハードか。
他に、なんかなかったっけ? 誰か思い浮かばない? (NASAの話はどうなった)

  全然関係ないけど、サターンて、
  世界規模では歴代セガハードの中で一番売れなかったのか……。
  日本では歴代で一番売れたイメージなのに。どれだけガラパゴスなんだ日本。

ところで、宇宙に孤独な生命だと思っていた我ジンルイの住み処のご近所さんに、
家らしきものがなんと七軒も見つかった……
この発見がなされたことと、
「孤独のヒトであるかばんちゃんがフレンズと出会う物語」である
『けものフレンズ』の放映の時期が重なったことは、
科学的に考えて、偶然では済ませるのはいかにも不自然ではあるまいか?
これはもはや、NASAのプロパガンダ、陰謀……否、宇宙の意志と言っても良いのではないだろうか……。


Yubisaki2
「けものフレンズ ロゴジェネレータ」とかがあったんで作ってみた。



ねえサーバルちゃん、サーバルちゃんはどう思う?

  「うーんんんん……そうだ!
    オイサンちゃんは、とってもいいかげんなもうそうが得意なf」


わかったもういい悪かった。
オイサンでした。


 

|

« ■すてきなRestart~『けものフレンズ』OP ようこそジャパリパークへ!感想~ -更新第1111回- | トップページ | ■記念日に平気でいんちきをする男の11年 -更新第1111.11回- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■すてきなRestart~『けものフレンズ』OP ようこそジャパリパークへ!感想~ -更新第1111回- | トップページ | ■記念日に平気でいんちきをする男の11年 -更新第1111.11回- »