« ■春を奉る、花の惑い。~中村博文先生の個展を鑑賞する -更新第1120回- | トップページ | ■アンドロイドで「このまち大好き」!~『スバラシティ』にいいだけやられる -更新第1122回- »

2017年4月23日 (日)

■怪奇! ヤマザキ春のホロスコープ地獄!!~同時上映「ビーバー女子大生・げっ歯類白昼の戦慄き」 -更新第1121回-

先日、電車に乗っていた時の話。

まあ、春になると電車の中もニギヤカになりますな。
さすがに皆さん、新年度を迎えてしばらくは真面目に通勤・通学なさるとみえ、
定常的に移動をする人が増える。

それに、環境が変わると話すことも増えるのか、
大きな声で、新しいオシゴトのことや、オトモダチのことを話しておられるご様子。
まオイサンにはあまり縁のないことでございますが。

そんな中でも、こないだのはスゴかった。

女性二人です。
お顔は拝見しませんでしたけど、話の内容とトーンから……まあ、お若いんじゃないでしょうかね。
どういう業種なのかはわかりません。
オシゴトの話では……なかった……と思うんですけど、
イヤ、ちょいオシゴト混じりだったとも思うんだけど、オイサンには判別つかなかった。
ファッション系の方だと思うんですけどね。
バカっぽかったからとかそういうことではなく
オシャレについての言及が詳らかであったものですから、エエ。

  ものすごい馬鹿っぽかったからとかじゃないです。
  もうね、ものッスごい馬鹿っぽかったから!とかいうオタクの偏見では、決してない。
  そんな風にはファッションの方を見てません、オイサンは。
  他のオタクは知りませんけど。

デどんな会話をなさっていたかというと……まあ、これが、意外でしょうけれども、
ここまでの文脈からはちょっと想像し難いとは思いますが、
これがなんともまた、耳を疑うレベルでバカっぽかったワケです。
もうね、すごかった。バカのオイサンが言うんだから間違いない

人のことをですね、完全に星座で判断しているんです。
完全にです。

 「私、うお座の人ってすっごい好きでー。
  うお座の人って、性格が○○で、見た目もなんか△△な感じでー、
  ××(なんかファッションアイテム)とかつけてる人多くないですかー」


……すげえな!! 星座占い、万能だな!!
イヤイヤイヤイヤイヤwww、さすがにwwwwそんなワケねえだろwwww
と思いながら、遠巻きにご高説タマワってたわけですが、
それを聞いてた相方がすかさずこうおっしゃった。

 「あ、わかるぅ~」

分かっちゃうのか!! どういうコンセンサス文化圏だお前ら!



……え~……。



ビックリしちゃうなあ、もう……。

これまでオイサンの育んできた価値観の危機ですよ。
これを野放しにしておいたらアイデンティティまでも崩壊しかねず、
「ナンデヤネーン!!」と突っ込みたかったのですが。
さすがにそれは叶わず、今こうして、この世界の片隅に書きなぐっておるのです。

  あのー、なんていうか、
  個人的にはどうでも良いような、些細なコトに目くじらを立てて
  「お前キミ、それは間違っている!!」
  って、三軒隣からでも怒鳴り込んでくる人っているじゃありませんか。
  いわゆるナニナニ警察の方々ですけれども、ああいう人の気分が分かった気がする。
  「この価値観を野放しにしておいたら、これまで築き上げてきたオレの価値観の世界が!!
   自分の存在基盤が浸食されて瓦解する!!」
  という危機感、精神の生命の危機を覚えるんですな。
  そんなもん、アカの他人(共産主義的他者ではナイ)の言うことですから、
  人の好き好きほっときゃいーじゃんってなモンですが、
  「コイツだけはここで殺しておかないと、巡り巡って俺が死ぬ!!」
  という、得体のしれない恐怖というものがあるのだということを、
  今回改めて知りました。
  ありがとう、ものっすごいアホみたいではない二人のおねえちゃん。
  勉強になった。

いやあー……びっくりしました。
血液型でー、ってのは聞いたことあったけど、
イヤそれだってファッションの傾向や持ち物まで言い当てるのは聞いたことなかったけど。
たまげたたまげた。

オイサンだってね、星占いくらいは見ますよ。
信じませんけどね?
信じないまでも、そこでときどき発せられる戒めのようなものを、
なんというか、「日々の振り返り事項」として頭の片隅に入れるようにしておいたりは、する。
「落し物に注意!」とか「目上の人へのクチの聞き方に注意!」とか。
「無理は禁物、体調に注意」とかね。
バッチリ信じてんじゃん、とか突っ込まれそうだが、これなんかはアレよ、
家のオカンの、
「ちょっとアンタ、ハンカチ持ったんか!?
 クルマに気ィつけなアカンよ、忘れモンしなや!!」
っていうのと同じで。
このトシになると叱ってくれる人もおりませんでね。
日々の「なんてことのない注意」を改めて拾い上げる道具に使っている感じでしかない。

それをまあ……性格から着てるものから、持ち物の傾向にまで言及しているから驚いた。
自信満々に話してましたからね。
しかもそれを分かっちゃう。
エエ。
すげえな。
日本中のファッションの傾向が12種類に分類されるわけです。

まあ、別に……良いのかもしれませんけれども。
……なんでしょうな!
スゲエな!

世の女性の多くが、日本式ファンタスティック星座占いが大好きだというのは、
マ噂には聞いておりましたし、そうした占いのページをいくつか渡り歩いて見てみても、
かなりの割合で女性をターゲッツにした書き方がされているのは分かるので、
読みながら、オイサンも
「……どうしてこう女性メインのページが多いのであろう??」
と思っておったが。
イヤー。
どうかね、ああいう信じ込み方をしている男性も、世の中にはおられるのだろうか?
女性独特なんだろうか?
あのブッコミ方が女性独特のモノ、女性に多いモノなのだとしたら、
そりゃアンタ、女性向けに書くわ。
書き甲斐があるよ、あんだけヤられてくれるんだったら。


……と、ものすごいゾディアックモンスターに出会いましたよ、
というお話でした。
そこから学ぶものも、気付くこともあるのさ。

マそれら全部に取り合っていたら、短い人生、
何も為されず、得られず終わってしまうとは思うけどね。


しかし、星占い……というか、ちゃんとした占星学、占星術というのは面白いもので、
幾つか占いページをハシゴしていると
たまに真面目に勉強しているらしき方々のページに行き当たり、
そういう方々の言うことを並べてみてみると、
キチンと似たような傾向のお話をされていたりします。

「この時期からこの時期の間、獅子座はコレコレこういう傾向にある」
という言い方が、若干のブレを含みながら、大筋で一致しておられる。
そういうのを見ると、
……マ畢竟、その指し示す結果に根拠のある話なのかどうかは別にして、
やはりキチンと体系化はなされているのだな、と思えるワケです。
一つのインプットから、アウトプットが一つの傾向に集約される。

主軸となる要素によって大筋が決まり、
その他枝葉の要素をどう拾い上げて解釈するかによって占い師ごと細部に差が出てくる、という、
なんとも面白い、ロマンティックな仕様になっている様で、
イヤハヤ、
なかなか素晴らしい、興味深い。
読み方をちゃんと勉強して取り込めば、お話を書くのにも十分土台として活用出来そうです。

マそんなんだモンですから、
オイサンは信じろとも信じるなともよう言いませんけれども、
日々の暮らしを豊かにする手助けに出来るよう
ウレシ恥ずかしロマンティックに活用していけばいいんじゃないでしょうかね。
エエ。



……。



マそれにしたって、人さまの持ち物までは特定出来ねえとは、
やっぱり思うけどな!!

まあ、なんていうか、そういうものすごい数の人と会いながら、
そういう観点で、そういう感性を磨き続けて人を見続ける人間にしか得られない、
機微や知見があるのかも知れません。
もしかすると、モノスゴイ馬鹿っぽいのは自分の方なのかも知れない。

……正直、それも分からないでもない。気もする。
価値観が多様化している、際限のない情報の波にさらされているということに、
世の中では表向き、なっているけれども、
これだけ情報や判断や感情にバイアスのかかりまくっている世界では、
あるバイアスの強くかかった情報コロニーの範疇においては、
星座で人格や持ち物や住む場所まで、特定可能であるのかもしれない。

そんなのこそ、AIさんやらディープなラーニングやら、
ビッグデータさんの得意技だと思いますけどね。



……この人、モノ凄い馬鹿みたいな入り口から、
案外面白そうな着地点にハナシ持っていくなあ。
やるじゃん。



■第2話 悪夢! ビーバー女子大生の呪い!!



ついでにもう一つ、
春だからといって浮かれてデカい声でしゃべってると
アラフォーブログ書きに絶好の餌食にされてしまいますよ、

という教訓話をしておきましょう。



  そんな話だったのか……。



朝のドトールでコーシーなどをたしなんでおったらですね、
コレマタ、
どうやら何かの都合で珍しく早起きをして待ち合わせなければならなかったらしい、
新米女子大生と思しきお嬢さんの3人組ととなりになった。

  言っとくけど、あとからその3人が座ったんだからな。
  面白そうだからっつって、オイサンが勝手に密着24時したんじゃないぞ。

するとそのうちの一人がまあブリリアントな舌ッ足らずでして。
となりから聞こえてきて頭がグラグラするレベルだったのですが、
その子がですね、一人に向って言うわけです。

  「じゃあさー、もう●●ちゃんがビーバーやってよー」

ビビビ、ビーバーをやる!!?
ワア、それって一体どんな遊びの計画なんだろう?♪ オイサン気になるゥ!
ってワクワクしながら、
もしかしたら「『けものフレンズ』勝手に舞台化計画・ようこそジャパリステージへ!」とかなのかしら、
と、否が応にも聞こえてこざるを得ない話の続きをですね、
聞かないように聞かないように注意していたのですけれども、
結論から言うと
●●ちゃんにリーダーをやって欲しい話だったようです。

普通じゃねえかよ。
俺のときめきを返せ。



マそんなこんなで皆さん、
電車の中やカフェでは、もっとうんと小さな声でしゃべって下さい。
オジサンには刺激が強すぎます。

あとうるせえ。

以上、なにかと不可抗力オジサンでした。

 追伸
  あと●●ちゃん、キミもうね、取り敢えずビーバーやんなさい。
  おじさんは君のビーバーが見たい。
  どんなカオしてるか知らねえけど(見てない



 

|

« ■春を奉る、花の惑い。~中村博文先生の個展を鑑賞する -更新第1120回- | トップページ | ■アンドロイドで「このまち大好き」!~『スバラシティ』にいいだけやられる -更新第1122回- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■春を奉る、花の惑い。~中村博文先生の個展を鑑賞する -更新第1120回- | トップページ | ■アンドロイドで「このまち大好き」!~『スバラシティ』にいいだけやられる -更新第1122回- »