« ■怪奇! ヤマザキ春のホロスコープ地獄!!~同時上映「ビーバー女子大生・げっ歯類白昼の戦慄き」 -更新第1121回- | トップページ | ■最後の仮面の向こう側~舞台『ペルソナ3 the Weird Masquerade 第4章 藍の誓約』感想 -更新第1123回- »

2017年4月25日 (火)

■アンドロイドで「このまち大好き」!~『スバラシティ』にいいだけやられる -更新第1122回-

春は、出会いと別れの季節。
そんなことを20年ほど前に『季節を抱きしめて』で学んだオイサンですが(遅くないですか)、
この春にも出会ってしまいました。恐ろしい奴に。
『スバラシティ』


  ……ナメてんのか、この名前。


いや、でも本当に恐ろしい奴です、こいつは。
Androidで、タダで遊べてしまうパズルゲームなんですけども、コレがヒドイ。
30分、1時間があっという間に過ぎる。マッハで過ぎる。光速で過ぎる。
……光速で過ぎたら時間は過ぎないはずなのだが。うるさいな。理系か(偏見

とにかくこう……時間が、すぐに過ぎてしまう。
どのくらいすぐか。

オイサンは通勤で、新宿から40分くらい電車に乗りますが、
その40分が飛ぶように着いてしまう。
それどころか、駅に着いてもまだ1局が終わらず、
このまま歩いて家に帰るのも危ないので(歩きながらやる気満々じゃないですか)、
降りたホームの待合ベンチに座って続きを始めたところ
そこからさらに30分動けなかったとか、もう、ザラです(ザラなのか)。

  そういう愚行を、ここ2週間ほどで5、6回やっている。
  最寄駅のホームで、乗りもしない電車を何本も何本も見送り、
  ずっとデンワを覗き込んでるオジサンがいたら多分僕です。

シンプルなだけに、途中で考えるのをやめられない。


 ▼どんなゲームか?

……マこのページを読んでる人なんかはネット環境あるワケですんで、
ここでダラダラ説明するよか説明動画かなんか見てもらった方が早いと思いますけども。

 ▼スバラシティ攻略動画 延々とプレイできてしまうという動画
 


 ・5×5のフィールドに、4色(茶・灰・緑・黄緑)の土地(建物)のパネルが並んでいる。
 ・同じ色のパネルは並ぶと繋がる(タテヨコ方向。ななめは繋がらない)。
 ・繋がっているパネルにタッチすると、タッチしたパネルに集まる(複数枚のパネルが1枚に集約される)。
 ・パネルを集めると建物のレベルが集計され、レベルが上がる。
  レベルは10でいったん打ち止めになるが、レベル10同士のパネルは同じように「集める」ことが出来る。
  パネルはレベル10になると「白」に統一されるので、元がどの色でも関係なく繋がり、集めることが出来る。
 ・パネルを「集め」て空白が出来たマスへは、パネルが上から下に落ちて(スライドして)くる。
  最上段へは上から新しく、パネルがランダムに降ってくる。
 ・これを、パネルを集められなくなるまで繰り返し、積み上がったパネルのレベルによって
  スコアを競う。



まあ、詳しくは動画を見て下さい(便利な世の中だ……)。
リアルタイム性は無いゲームです。
次の一手、どのパネルを寄せるかは、自分のペースで考え続けることが出来る。
この5×5というサイズ、4色という色数、
シンプルで考える要素の少なさが、アホなオイサンの脳みそにはちょうどいい。
ちょうど……自分の目と手と、先を考えるアタマに心地いいサイズ。
「気持ちよく考えさせてくれる」サイズなのです。オイサンには。

  もっと目の届く人とか、
  もっと先を読める人とか、
  もっと複雑な組み合わせを記憶できる人とかは、
  これではきっと物足らないのではないでしょうか。
  すぐに飽きが来る、とか、ランダム要素が強すぎるとか、感じてしまうと思われる。

実際、オイサンには『ぷよぷよ』のフィールドは広すぎるし、
次と、そのまた次に落ちてくるぷよまで分かってしまうのはシンドイ。
アタマが追い付かないワケです。

その心地よさ、自分でもなんとかなってしまう感の楽しさに、
ついつい麻薬的にのめりこんでしまっておる。そんな感じです。

しかしやっぱり、1時間も集中して続けてしまうと後半はだんだんぞんざいになってくるので、
実際はもう少し短めに区切りながらプレイした方が良いのかも知れんな、と
思い始めている。
まああんまり、こういう「物語を見出すのが難しいゲーム」に時間を取られ過ぎるのもどーなんだろう、
と思うんだけど……。

 ▼でも、お高いんでしょ?

iOS、Android版はタダです。 3DSは500円。
……これってなんでなんだろ、と思うけど。

  しかしこの、1時間も2時間も、平気で吸い込んでしまうゲームがただってのはまた、
  ヨノナカ一体どういう仕組みなんでしょうね???
  そりゃ、社会が貧しくなるわけだよ。
  このタダの分の大半は、貧しい一般労働者が支えてるんだろ?
  タダになる仕組みを考えた偉い人は、仕組みの部分でお金取ってるんでしょ?
  やめようぜ、こういうおかしな仕組みは。物もサービスも、お金払って使おうぜ。
  その方が……きっと色々いいよ。
  手に入れる楽しみもあるし、
  作る方もより真剣になるし、
  時間の使い方も、きっとよくなるよ。
  無料にするのは、本当に何の心配もなくなってからにした方がいい……と、思うよ。
  閑話休題。

スマートフォン版を導入するときも、
ゲームの性質から、てっきり買い切りアプリだと思ってたんだけど、
本体無料でプレイアイテム課金だったのでちょっとびっくり。
課金タイミングもあまり良くなくて、
「手詰まりになった時に不要なブロックを消すアイテム」を買うことが出来る。
……っぽい。

「ぽい」と言うのは、買ったことが無いから。
いくらかも知らないし、1回の購入でアイテムが何個貰えるかもわからない。

買ったことが無いのは、別にケチっているわけじゃない。
だってそれって、実質CONTINUEじゃないですか?
なんなら、このゲーム性、このルールにおいては、ちょっと「ズル」でさえあると、
オイサンには感じられる。
「出来るだけ長く、手詰まりにならないように追い詰めていく」ゲームで、
スコア(=ゲーム内の腕前への見返り)による1up以外の方法で、
スコアの寿命を延長するのは……どうなんだ、と感じるワケです。

  その手段を使って得たスコアは、
  その手段を使わずに得たスコアとは別物として比較されるべきだと……
  ……やっぱり頭が古いんですかね、思うワケです。
  スコアは10点単位にして、使用回数は1桁目に加算されて区別されるとか、
  使用回数+1で割られるとか。

イヤ、まあ、それを使って長く遊ぶ、行けるところまで行こうとするのも全然いいんですが、
なんかそれは、「モードが違う」ように感ずる。
コンティニューして先のステージを見ることに価値のあるゲームならそれもやるかもだが、
このゲーム、「先のステージ」とかないもんなー。

  ……しかし最近はもう、アレかなあ。
  ゲームによってはそういう「リアルマネーの力」も「ゲームの実力」のうち、
  だと思わないといけないのかなあ。

「ゲームの経過における1アイテム」ならさほど抵抗もないのだろうけど……
マ使うタイミングは自由で、手詰まりになる前にも使うことが出来るから、
「選択肢を増やすアイテム」と考えれば一概にコンティニューだともいえないけども。
例えば「次に降ってくるパネル色を指定できるアイテム」とか、
「一手戻せる」とか、
存命中でなければ効果を発揮できないアイテムであれば、まだ抵抗は薄かったかもしれない。

自分は今のところスコアはMAX800万点くらいで
(しかし、昨日突然スコアランキングがリセットされた……何故だ)、
自分としては中々頑張ってる方だなと思うのだが。

攻略記事を探して見てみたら……世の中にはむちゃくちゃな人がいるなあ、と思った次第。
前述のブロック消しアイテムは、100手ごとに一個タダで支給されるのだが、
ハイレベルな人たちは、それをまず99個まで集めてから、
「バベル」と呼ばれる超レベルの高い建物を作り続けて、なんか9億点とかいってる……。
『怒首領蜂』かよ……。

北尾まどかさんという女流プロ棋士さんが攻略してるんだけど……
いやすげえな。怖いわ。

  あと、その北尾さんのハイスコアを調べようと検索したら、
  「北尾まどか 離婚」がてっぺんにサジェストされた。
  やめて差し上げろ。恐らく9億点とは関係ないと思うが(あってたまるか)。

マそんな異次元で戦っておられる方々もおられますが、
オイサンは自分のペースで楽しんでいこうと思う。
……無駄に時間を使い過ぎない程度に。

このまち大好き!



■AQUOS ever sh-02jさんを、Android7.0にアップデートする。

昨年末に、BlackBerryさんから持ち替えたAndroidのAQUOS ever sh-02jさんですが、
もとよりAndroid6.0 → 7.0アップデート対象機種であることはアナウンスされておりました。
これまではどうも、SHARPさんの端末だと(ヨソもだと思うけど)、
OSアップデートに対応していたのはハイエンドクラスの端末だけだったらしく、
オイサンのような中級~エントリーもどきの機種が対応するのは、どうやらなかなか画期的な対応であるらしい。

とはいえ、やはりそうまでパワフルな機種ではなく、
省エネがウリの機体ではあるので(省エネ部分を期待してこの機種を選んだ事情もある)、
なんか不備があったり、電力消費が上がったりしたらヤだな、と思って
先月末には既にアップデート可能になっていたのをやらずに様子見していたのだが、
今月半ばに差し掛かってイヨイヨ
「お前エエ加減アップデートせえよ」という通知が本体上部に入り始めてしまったから、
いつまでも残して置くのも鬱陶しいということでとりあずやってみました。

Android6.0 → 7.0 のOSアップデート。
検索してみても、不具合・不都合みたいな評判も、これと言って見かけませんでしたしね。

 ▼結果

以下、主観的な感覚での感想。

  1) 電池の減りが、ちょっとだけ早くなった気がする。
  2) 動作は軽快になった気がする。
  3) 操作方法がちょっとだけ変わった。使いにくくなった
  4) OSの占有容量が減った?


1)の電池の減りについて。
普段はwi-fiをオフにして、長持ち設定をONにして置いてあるのだけど、
夜寝る前に100%充電した状態で電源から抜いて置いておくと、
6.0だったときは、起きたときも100%のまま~99%くらいあったのが、
7.0では98%くらいまで下がっている……ように思う。些細なことかもしれぬ。

2)は感覚的なモノだが。
アプリの起動なんかは若干スムーズになったか。
ただ、長エネスイッチをON/OFFしたときの、軽さの差が顕著になったと思う。
あー、もしかしたら長エネの設定がリセットされているのかも。
あとで確かめよう(確かめてから書け)。

3)、操作方法が変わったのに気付いてるのは、いまのところ一点。
「□」のソフトキーを長押しすると、
6.0では設定メニューが画面上から降りてきてくれていたのに、
7.0ではアプリの画面分割操作モードになってしまった。
ウーム。
個人的には、設定メニューを下すのに、画面上からひっぱってこないといけないのが非常に面倒くさく
(なかなか上手に引っ張り下ろせない、というのもあって)□長押しは重宝しておったし、
画面分割みたいな、電池も負荷も食いそうな処理をさせる気はサラサラないので
設定を変更できないものか、目下模索中。

4)OSの容量は、ちょっと減ったっぽい。
500MBくらい。
……多分。
もしかしたら、リフレッシュしたことでOSが抱えてた要らん容量がきれいにされただけで、
また長く使っていると膨らんでくるのかも知れんが。
アプリ系の一次ファイルなんかは1日1回は消してるので、その辺の差分ではないと思う。

マなんにせよ、AQUOSeverさんは本体容量が8GBとあまりご立派ではない
(そしてアプリなどはSDには持っていけない)ので、
減ってくれるならありがたい話です。

……とまあそんな感じで、
劇的に良いワケでも、腹立たしいくらい悪いワケでもない、
ネタにはならない程度に優秀なカンジ、とでもいいますか。
日常の道具としては充分な感じです。

グラッチェグラッチェ(特に言うこともないものだからコメントも雑になる)。



……衝撃の追伸。



この記事を書き終えた直後に、1000万点超えてスバラシティ評価を得たので、
アンインストールすることにしました。
ウッカリ時間を使いすぎるよ。
これより先は修羅の道にしかならないので、もうやめます。


大変面白いゲームでした。
ありがとう、『スバラシティ』! さようなら! 『スバラシティ』!!




 

|

« ■怪奇! ヤマザキ春のホロスコープ地獄!!~同時上映「ビーバー女子大生・げっ歯類白昼の戦慄き」 -更新第1121回- | トップページ | ■最後の仮面の向こう側~舞台『ペルソナ3 the Weird Masquerade 第4章 藍の誓約』感想 -更新第1123回- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■怪奇! ヤマザキ春のホロスコープ地獄!!~同時上映「ビーバー女子大生・げっ歯類白昼の戦慄き」 -更新第1121回- | トップページ | ■最後の仮面の向こう側~舞台『ペルソナ3 the Weird Masquerade 第4章 藍の誓約』感想 -更新第1123回- »