« ■甲州の3賢者と、ナインボール・ワンダーランド~2017年のゴールデン・ウィーク・その2~ -更新第1125回- | トップページ | ■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その一~ -更新第1127回- »

2017年5月27日 (土)

甲州の3賢者と、ナインボール・ワンダーランド~2017年のゴールデン・ウィーク・その3~ -更新第1126回-

2017年のゴールデンウィーク日記の続き、いよいよ最終章。
つって、別に他人が読んでも面白いこと何もないけど。
5月4日から、5月7日まで、人類が滅亡するまでの最後の4日間を描く感動巨編。


  ~~あらすじ~~


主に、新宿都庁に向けて北朝鮮からミサイルが飛んできて、
オイサンが疲労で一人で滅亡します。



■■■ 05/04(木・祝) ■■■



  サテここからはGWもいよいよ後半戦。
  しかし祝日2日を含めたこの最後の4連休にはコレといった大きな予定は入れなかった。
  6日の土曜日に、夜から新宿で朗読劇を聴きに行く、というのが一つあったくらいだ。
  それ以外はのんびりと、普段の土日をこねて引き延ばしたような時間を過ごした。

前日、帰るなり倒れるように寝てしまったので4時過ぎに目を覚ます。
この日は、ハッキリとした予定にははしていなかったものの、
近頃あまり行っていないネオ百合丘のオサレ喫茶でスコーンを食べようという心づもりにはしていた。

その店は木~土曜日にしか開いておらず土曜日はいつもそこそこ人が入るので、
ゆっくりしようと思って朝イチから入ったところ、
この日は連休中で皆遠くまで出払ってしまっていたのか、訪う人も少なかった。
かなりゆっくりしていたのだけど、オイサン以外にやってきたお客は一組だけだったのではなかったか。
独りだけ気合が入り過ぎて開店と同時に入ってしまった人みたいで若干はずかしい。
緑に囲まれた窓辺の席で、木漏れ日を眺めながら大変心安い時間をすごした。

Dsc03093

Dsc03101


あんまり天気がいいものだから
店を出てからも近くの公園でなんてことのない木や影の写真ばかり撮ってしまった。
ホント何もない時間のようで、やっているときはフと我に返り

  「せっかくの長い休みを、こんな時間の使い方してて良かったろうか……」

と思ったりもしたのだが、今こうして振り返ってみるとそれはやはり良い時間、
普段は出来ないことだったなと思えるので、間違っていなかったのだろう。
普段出来ないワケではないけど、その前後に、大きなゆとりの時間が控えている
あの状態の心の在りようというのは、やはり得難いものだ。

帰りもブラリと店を覗いたあとは、そこから二駅、柿生、鶴川と歩いて帰った。
あまり写真ばかり撮る気はなかったのだが、
途中どうしても大きな木やら、キレイな影やらを見かけると我慢ができず
カメラを取り出してしまうのだった。
マ撮ったからと言って、これといった写真になりはしないのだが。

  しかし自分が大きな木にやたらと気を惹かれてしまうのは、
  いまだに『ときめきメモリアル』の暗示が抜けないからなのではないか、と
  柿生と鶴川の道沿いに張り出した、大きなケヤキを見て思う。

 Dsc03115 Dsc03128


この道は、ツイッターに一番がっつりとはまってた時期によく歩いていた道なので、
この場所であんなツイートしたな、みたいな記憶がそこかしこで蘇る。
たかがSNSだが、長くやってると、ボチボチそういう「思い出」のようなものも付きまとうようになるな。

Dsc03135


結局、10時半頃に家を出て、帰り着いたのは17時近かったのではなかったろうか。
うち2時間ほどはお茶していたが、あとはずっと歩いてたんだな。
夜は、昨日、忍野八海の名泉そば製麺所で買ってきた太うどんを茹でたのだが……
自分の買って帰った太うどんは、店で出たそばや細うどんと違い
15~20分も茹でなければならないなかなかの高難度ミッションであり
普段うどんなんか家で茹でないもんだから量も間違えて、わりと大変な事態となった。
そばや細うどんは、一人前ずつキレイに別れて箱に収まっていたようだったのに、
太うどんは、なんかもうゴチャッと! ……箱に突っ込んであったんで、
一人前がどのくらいか分かりづらかったんである。
しかしそれでも美味いのだから大したもんである。

好天と緑に包まれた、なんとも幸せな一日。



■■■ 5/5(金・祝) ■■■



子どもの日。オッサンだけど子どもなので、この日はオイサンの日です。
正直、この日は何をしたのか殆ど記憶にない。
どうやら朝ジョグをし、あとは近所の喫茶をハシゴしつつ本を読んでいたようだ。

2軒目を出るときマスターが出口まで追いかけてきて、
「日曜は臨時で休みなので」
と教えてくれたのが印象に残っている。
以前はよく食べていたのだが、最近見かけなくなっていた美味しい納豆(だが高い)が
売られているのを見つけた。

あとは、PCにたまったの写真を整理したくらいだろうか。
HDDの空き容量が、現在十数GBしか開かないのですぐ一杯になってしまうのだった。



■■■ 5/6(土) ■■■



ここからは普通の土日になる。祝日は死んだ!
今日は新宿の、紀伊国屋サザンシアターで
「声の優れた俳優によるドラマリーディング 日本文学名作選 第四弾 三四郎/門」を聞きに行く。
開演は19時からなので遅くから行ってもいいのだが、
母の日の贈り物を見たりする都合もあって早めに家を出、途中カフェで書き物をしたりしつつ、新宿へ向かう。

……が、母の日案件については隣駅でさっそくカタが付いてしまい、
12時過ぎには新宿に着いた。
マその先どのあたりに潜伏するかも考えてはあったのだけど、
チョット色気を出して、都庁の展望台まで上がってみようだとか、
探偵・神宮司三郎のデビュー作でおなじみ、新宿中央公園を覗いてみようだとか、
余計なことをしているうちに考えていた場所へ行くことは出来なくなってしまった。
マそれは大した場所じゃないからいいんだけど、
ずっと新宿近辺にいたせいでどえらく消耗した……。

電車を降り、南口から外へ出てみて、人が少ないことに大変驚いた。
実際は出口へ向かう途中、改札を抜けた辺りで、既に人の少なさを感じていたが、
こんなに人のいない新宿は初めてだ。
人がいない、と言ってもあくまでも平日の新宿との比較にすぎず、
魚津や甲府に比べれば全然ひとはいるのだが、
それにしても歩きやすい。
GW中は都心から人が出払っていて人口密度が下がっていると聞いていたが、ここまでだったのか。
そら初日は高速中が真っ赤になるわ。


 ■都庁の展望台


都庁の展望台で思ったのだが、
お隣の半島や大陸からの来訪者が多い場所では積極的に日本語を発していかないと
違うアジアの言葉で案内されてしまうことが多い。
どうやら自分は「勝手が分からなくてキョロキョロしてる人」みたいに見えるようだ。
時々チャイニーズで案内されそうになる。

都庁の展望フロアへは過去にも一度来たことがあり、
そのときは曇りがちだったのであまり良い印象がなかった。
今日は晴れているから印象も変わるだろう! と勢い込んで乗りこんでみた、のだが。
……天気が良くて、遠くまで見えても、あんまり面白いモンでもなかった。
なんだろうな、あのつまらなさ、不毛さは。

確かに遠くまでは見られるのだけども、
ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん、
って感じなのだった。外から眺めてる方が面白いぞ、都庁。都政と同じだな。 ← あっ

日本語や文化に達者なワカモノ外人さん(30歳くらいのオトコ)が一人いて、
どういう立場にある者同士なのかわからないけど、ガイドっぽいおじいさんに

「日本人は働き者だとか、礼儀正しいとか、
 そういう情報はほかでもたくさん聞けるので今ここで改めて聞いても新鮮味はなくて、
 それよりも現代において日常的にどういう暮らしや遊びをしているのかとか、
 例えば日本人は成人男性でもスマホやコンソールで普通にゲームをする、
 フランス人のオトコはまずもってそういうゲームは遊ばない、
 先日羽田で、もう60歳くらいのオジイチャンがスマホでゲームをしているの見て僕は大変驚いた、
 もっとそういう、今の生の話をしてもらった方がきっと面白いと思う」


みたいな、説教だかアドバイスだかをしてて、そっちの話の方がものすごく面白く、
思いきり聞き耳をたててしまった。横から話しかけてしまおうかと思ったくらいだ。

尚、都庁の展望フロアは地上200mチョイ、サンシャインは240mほどらしい。
先日見た昇仙峡の覚円峰は180mでそのどちらよりも小さいのだが、
なんか、もっともっと覚円峰の方が小さい気がしていたので、
あ、意外に大きいのだなと感心した。
まあ周りにも大きな岩があるとか、視界が開けていないだとか、
環境が印象を左右していることもあるのだろう。

展望台の窓から外を眺めていたら、
「もしキタチョーセンさんが日本めがけてミッサイルをブッパなさるとしたら、
 ……ヤッコサンがガチにクレイジーで、かつ的確に狙いを定められる実力があれば、
   という前提つきだが……
 ここって真っ先に狙われそうなランドマークだよな」

Dsc03193


という、なかなかポップ&エキサイティングな想像が浮かび上がり、
怖くなってきたんで早々に退散することにした。
しばらくベンチにとどまって書き物くらいしてても良かったのだが、
なんか気分良くないんだよあそこ。
空気がよどんでるというか、いかにも閉じ込められてる感がある。閉塞感がある。

都庁の展望台、地上45階で、上がるだけならタダです。
北と南、両方のタワーにあります(直接行き来は出来ない)。


 ■新宿中央公園殺人事件(しんでない)


都庁を出、ちょっと考えてお隣の新宿中央公園を一回りしてみることにした。
DECOファンの聖地、探偵・神宮司三郎さんのお膝元である。若い奴はわかんねえだろう。
しかし三郎さんがデビューした1987年当時はいざ知らず、
禁煙・分煙の進んだ平成の世では(その平成も終わろうとしているが)
ヘビースモーカーの三郎さんもタバコを吸う場所に、さぞお困りであろう。
いまあの公園の中で、タバコ吸う場所とかあんのかな?
多分87年当時だったら、どこでも吸えて、吸い殻だらけだったんじゃないかしら。
イヤそれは想像にすぎませんが。
……などと、87年当時の新宿中央公園の姿に思いを馳せるオッサンであった。

 あとどうでもいいけど、今調べて見たら、
 神宮司三郎さん、新宿中央公園殺人事件当時は29歳だったんだな……ワカゾウやないか。

  ▼探偵 神宮寺三郎シリーズ
  https://goo.gl/EUHp07


その公園でしばらく写真を撮り、ベンチに座って書き物をしたりしていたのだが、
腹がいななきおってな。


無性にラーメンが食べたくなったので近場を検索して見つかったラーメン屋に行ってみた。
普段はこういうことはそうそうしないのだが。
ラーメンくま神。
公園から、歩いて5分もしない住宅街の中に見つかった。
オイサンが入った時、お客はカウンターに1人のみ。この人の少なさも、GW中だからだろうか?
濃いめのとんこつ醤油ラーメンをすすりながら尋ねてみたが、
休日はそもそもそんなに多くないのだそうな。
公園から流れてくる客もそんなにいないと、タレ目が色っぽいガチムチ兄さんが教えてくれた。
そんなもんか。
しかしこの、とんこつ醤油ラーメンというのはウマイマズイ言う以前に、
塩と脂が人体を本能的に喜ばせてしまうので純粋に味を判定するのは難しい、と改めて思う。
満足感はあったが味はわからなかった。

Dsc_0538


なお帰り道、近くのマンションのベランダに、
スラリと良いガタイの白人さんが2人、
     半裸にバスタオルで過剰にくつろいでおられた
ので、
オオもしかするとあれが噂に名高い、と思ったのだが
あまり なかまに なりたそうに そちらを みて いたら
なかまにされてしまいそうなのでそそくさと再び公園へと退散したのだった。

あと、いま書いてて気付いたのだが、
チョーセンミサイルを避けて都庁を逃げてきたのに、
そのすぐ隣の公園にいつまでも留まっておったのでは結局やられるのではないか俺よ。


 ■新宿の高いコーヒー屋に潜むオタク(オイサン以外)


しばらく公園でストレッチしたり写真を撮ったりなどしていたが、お芝居までまだ4時間ほどあった。
さすがにずっとこのまま新宿中央公園にいては顔が寺田克也デザインになってしまう(エエやないか)。
一時、どこか店屋に退避することにした。
前もって、めぼしい店に印をつけて来はしたものの、
土曜の新宿ではさすがに人がいっぱいで、店になど入れたものでないであろう……
と来る前は思ってたのだが、今日のこの様子なら大丈夫そうだ。

……。

休み。
あ、あほぉーーーーーーッ!!



しかしそのすぐ近くにコーヒー屋が見つかったのでそちらに緊急避難した。
あ、あぶなかった……。
デ、滑り込んだ「但馬屋珈琲」。
あほみたいに高かった……。
あ、あほぉーーーーーーッ!!
さすが新宿駅前。ころすきか。
真面目なコーヒー屋が高いのは承知しているが、ワリとフツーの珈琲が700円台から。
ちょっと面白そうなのを狙うと900円、1000円あっという間。
にしても高すぎるだろ。
何が入っているんだ(コーヒーです)。

  横浜家系ラーメンの値段は、主に
   ・店員のおそろいの黒いTシャツ代
   ・そこにプリントしてあるラーメンポエムの考案費と印刷費用
   ・ねじり鉢巻き代
   ・独特の掛け声が一声いくらか
   ・過酷な湯切りアクションによって負荷がかかる肘のメンテナンス費用
  が含まれていてそれだけで750円、そこから上がラーメン代になるのは有名な話だが
  (それより安い店は、肘が頑丈か、声が小さい分)、
  ここのコーヒーにはどうも、上下そろいのタキシード調制服と蝶ネクタイで
  690円かかっている気がする。

席に着くと、2つとなりにスーツ姿の2人組の兄ちゃんを相手に、
カジュアルないでたちのチャラい兄ちゃんが講釈を垂れている。
『あの花』がどうとか、アニメチックな話をしてたからちょっと聞いていたんだが、
なんだかその後、あまりのチャラさに気が狂いそうな話をし始めたのでシャットアウトした。

そしてまた、後から入ってきた女子2人が隣の席に座り、
声優さんがうんぬんカンヌンと話し始めたのでこれまたビックリする。
こちらのご婦人方は話しぶりからもしかすると、そういうエンターテインメント関連で
オシゴト的に声優さんと関わっておられるのではないかな、と思わせる内容だった。

5時半頃まで潜伏し、本日のメインイベント会場へ向かった。


  ■「声の優れた俳優によるドラマリーディング
              日本文学名作選 第四弾 三四郎/門」



紀伊国屋サザンシアターで本日のメインイベントの朗読劇の鑑賞。

このシリーズを聞きに来るのは2回目。
1回目は、同じく漱石作の「それから」だった。
そのときはあすみんが出てたので聞きに来たのだが、
今回は、先日の舞台『ペルソナ3』に風花役で出ていた田上真里菜さんを見に来た。
というか、『P3』での田上さんがなんだかやけに眩しく見えるので、
これは果たして自分は田上さんが好きなのか、それとも田上さんの演じる風花が好きなのか、
その見極めに来たのである。

結論としては、後者、であったような気がする。

今回の朗読劇の中での田上さんが良くなかったというワケでは決してなく、
今回も今回で魅力も存在感もとてもあったのだが、
オイサンの惹き付けられる重要なファクターであったらしい「愛らしさ」は
演じるキャラクターの性質上いくらか減殺されており、
やはりそこはキャラクターありきであったかな、と感じられた。

……のだが、終演後のフリートークセッションではコレマタ大変愛らしくていらっしゃったんで、
やっぱご本人は愛らしいな、ウフフ( ← 盛大にキモチワルイ)と思った次第。
うーん、もう一本くらい見に行ってみるか( ← 思うツボ)。
これって、アイドルにハマるオッサンの心理と同じだろうか。
気を付けよう。手遅れ?
しかしなんだな、役者さんを、演じ手の技量ではなくスの魅力を目当てに見に行くってのも、
大概無礼なハナシな気がするな。

朗読劇の内容としては、
オイサンはスーパー不勉強野郎なので「三四郎/門」も「それから」も、
「アイアムアにゃんこ(英題)」も読んだことがないのだが、
今こうして内容に触れてみると、なんとも平易で親しみやすいモンだな、と感心する。
脚本として均してあるのかしらない(多分それはないと思う)が、
難解な言い回しやもって回った象徴化も感じられないし、
ド直球な物語展開で、ただ淡々と必要なことだけが、
シンプルで明瞭且つ鮮やかな日本語でもって彩られていく様は、
さすが古典の名作として長く世に残り続けるだけのことはあるとただただ感心するしかないものだった。
原作を手に取ってしっかり読み込んでみれば、
もっと思うところや読み取れることも増えるのだろうけれども、
こういう略式のスタイルで向き合うだけでもこれだけ伝わってくるのだから素晴らしい。
朗読劇という形式にも、素晴らしくマッチした題材なのではないだろうか。
役者への演出も、前回ほど過剰な感じを受けなかった。
照明・音響はもう心持ち抑え気味になっても良いように思う。
役者さんは回によって持ちまわりだったり、一回こっきりの登場だったりで変わるのだが、
オイサンの見た回の役者さん4人(男×2、女×2)は誰も皆ちょっと優しめの人たちで、
原作にあるのであろう、心もとなさみたいなものがより鮮明に伝わってきた。

劇の終了は、思ったよりも早く20時半頃。
慣れない夜の新宿を暗闇をアスファルト切りつけながら走り抜け、
独りでは解けない愛のパズルを抱いて帰ってきた。
傷ついた夢はまだ取り戻せていない。



■■■ 5/7(日) ■■■



日曜日。
ワリとしっかり書き物の日。
どこか近場に出かけても良かったが、朝はドトール、昼はサンマルク、
夜は近所で一番落ち着いた近所の喫茶とはしごをして、
非常にマッタリコンと終わった一日だった。

夜、北海道で恐竜のかなり完全に近い化石が見つかった話をやっていて、
この話、過去にも見た気がする……と思っていたが、それは丹波竜のハナシだった。

番組を見ていて、特にすごいなと思ったのが、
発掘した化石の一部を専門家(発掘した人も多分専門家だったと思うけど)に見せたところ、
ほんとに様々な仮説と推論を一瞬で巡らせたあと、
「(この化石の)続きはどこですか」
と、ほぼ確信に満ちて言い放った、というエピソードだった。

細部は忘れてしまったが、
発掘された場所と、
その場所がその化石の発掘された年代にどういう地形だったのかということと、
その地形がその後どういう変遷をたどったのかということと、
海流の動きと……などなど、
そういう情報を考え併せた上で「この人はこの続きも発掘して見つけているに違いない」
と思ったからこそ出た言葉で、
それだけのデータベースと正解を導くエンジンを頭の中に入れてある、
ということにびっくりしてしまった。

今の世の中、記憶装置は外側にいっぱいあるわけだけど、
それだけの材料が頭の中に揃っていないと
処理エンジンがいくら優秀でも、インプット無いとアウトプットは出来ないワケで、
あるインプットのかけらが揃っていないことが原因で回り始めることが出来ないエンジンの、
「かけら」がポンと放り込まれた時のために
その他のかけらは頭に揃えて置いておく、ということの重要性がまざまざと見えたなー、と
感心した次第。
面白い番組だった。
部分的にしか見なかったけど。

夜、
最後の喫茶から家に帰るとき、
日が落ちて暗くなり、色の要素をほとんど失った風景の中を歩きながら、
酷く安心している自分に気が付いた。

陽光の溢れる昼もいいが、やはり夜はいい。
情報の減ったヨルの風景はいい。夜景はいらん。あれはただの電気だ。

1月に摩周に行ったとき、2時、3時に星を見に出かけてコンビニでボンヤリしたりもしたけど、
あの時間も素晴らしかった……。
あの時は雲がかかっていて目的の星を見ることは出来なかったが、
この日は月が出ていて、その傍に小さく星が寄り添っていた。
どうも木星だったらしい。

そう、ワリと子供のころ(といっても小学6年くらいだと思う)から
ヨルの道が好きだった。
塾に通わされていて夜道を歩いて帰らねばならなかったんだが、
その頃辺りから夜の中を歩くのが好きになった……ような気がする。
別に悪さをするわけじゃない、
寝静まった町と、ところどころに落ちているあかりが好きなのだろうと思う。


そんなことに改めて気付いた、ゴールデンウィーク最終日だった。

マそんな感じで。
オイサンでした。



 

|

« ■甲州の3賢者と、ナインボール・ワンダーランド~2017年のゴールデン・ウィーク・その2~ -更新第1125回- | トップページ | ■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その一~ -更新第1127回- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■甲州の3賢者と、ナインボール・ワンダーランド~2017年のゴールデン・ウィーク・その2~ -更新第1125回- | トップページ | ■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その一~ -更新第1127回- »