« 2017年5月 | トップページ | 2024年8月 »

2017年6月の4件の投稿

2017年6月25日 (日)

■目を瞠るとき。~小諸、十四回目~ -更新第1130回-

アテもなく小諸へ行ってきた。
14回目。

Dsc03366


14回目だったか、15回目だったかあやふやになってきたけど、
珈琲こもろさんのノートを見たら前回の自分の書き込みがあって、
「13回目」と書いていたので今回は14回目なのだろう。GJ、今年3月の自分。

本当に、何をした、何をしに来たというわけじゃなく、
いつも通りやってきて、ボンヤリゆっくりして帰った、というだけの24時間でした。

Dsc03362
Dsc03369


一つだけ新しい楽しみとして、町はずれの野菜餃子のお店に行くというのがありまして、
実際行ったのですが、えー、歯に衣着せずに言うと、イマイチでした。
落ち着かない店だった……。
ツッコミどころ満載ではありましたが、マあんまり楽しい気分にはさせてくれないというか。
じめっとした哀しみに包まれたお店でした。どんなんだ。

  マ一緒にいたご家族づれが鬱陶しかったってのもある。
  小さい子どもを連れてくるな! などとは申しませんが、
  子どもが「しつけられること」を了解しておらず、
  しつけ未満の家庭内不和を周りにまき散らさないとならない
  それは最低限解決してから表に出てきていただきたい。
  しつけをその場で実行するのは構わないので、
  しつけられたら子どもはそれに従う、という関係性はハッキリさせてから表に出ていらして?
  鬱陶しくってよ、祐巳。

初日の12時45分くらいに小諸に着き、
お宿に荷物だけあずけてキャンディライトさんでゴハンを食べ、
やたら混んでいた停車場ガーデンさんでコーヒーをテイクアウトして
弁天の清水へ向かったのが14時半くらい。

Dsc03379


弁天の清水で小一時間写真を撮って、飯綱山公園に登る頃には16時半を回っていた。
そっからまた小一時間ボンヤリと写真を撮って山を下り、
目当てのギョーザ屋さんに着いたのは18時半頃だったと思う。

ウームと思いながら店を出て、駅前に戻って珈琲こもろさんに入る頃には19時半近かった。
20時を少し回ったくらいで店を出て、ツルヤさんに寄ろうと思ったらもう閉まっていたので
まっすぐお宿に帰ったら、カクンと寝オチしてしまった。
そんなに疲れることをした覚えはないのだが。

帰りの新幹線は、軽井沢を14時前なので、小諸は13時には発たねばならない。
早朝からブラブラジョギングをするつもりだったのに
寝落ちして2時半頃に目を覚まし、そこから風呂に入って寝直す、
なんてトリッキーなことをしたもんだから、結局8時頃に起き出すことになった。自堕落。
チェックアウトして荷物は駅前のロッカーに投げ込み、
朝食は駅前の立ち食い的ソバ屋(座って食べられます)でいただき、その足で懐古園に向かう。
ちょうのんびり回ると、あっという間に(どっちだ)10時半。
そっからみやさかさんとツルヤでお土産を買って、再び珈琲こもろさんで軽くお昼ゴハン+お茶をいただき、
最後にふらっと、町屋館みはらし亭で山並みと町並みを眺めたら、もうサヨナラです。



……という、完全にいつもの定番コース。



2日目のお昼を、珈琲こもろサンにしようか、懐さんにしようか最後まで悩んでたけど、
コーヒー飲みたかったんでこもろさん。
次回は懐さんにしたい。ソースカツ丼なんてすばらしいメニューもランチに加わっていたようだから……。
そば七さん、ふじたさんにも行かなかったな。
マ1泊2日じゃゴハンの回数も限られるからのう……。

前回行かれなかったので今回は行こうと思っていた、田園見渡しスポットやダムも行けませんでした。
マそれをぶち込むと……時間キッチキチのスパルタンになっちゃうからねえ。
今回はのんびりしたかったので、無理はしませんでした。

しかしそんな、超定番コースだったにも関わらず、
案外、新しい発見をしたりとか、新鮮な視点を見つけたりとかがありまして。
なかなか納得の行く小旅行でありましたよ。

Dsc03430


新しい刺激や発見は、期待も、それに出くわすための仕込もしていかなかったので、
まあないだろうと思っており、
そのせいで、弁天の清水でひとしきり写真を撮り終えて一息ついたところで
フッと気が抜けてしまった。

「まあ今回は、ずっとこんなモンかな……」

という気持ちが鼻から抜けて行って、次は飯綱山公園の上まで上がろうと思っていたのだけれども、
そうして気持ちのハリが途切れてしまったら、
「じゃあここはおしまい、次」と、この場を離れて次へ行くキッカケを作れずにおりました。

どーしたものか、ここはもうおしまいにして良いものか? と、
水場を一度離れてコーヒーに口を付けておりましたところ、
湧水の吐き出し口の、アゴの裏に下がった苔から垂れ落ちる水の軌跡の美しいことに目を奪われ、
軽い興奮状態に陥ってしまいました。

Dsc03475

Dsc03451

それからしばらくは、またそこにかぶりつきでカメラを構えていた。
しかしそうなると今度は、なかなかそこ離れ難くなってしまって、
4時過ぎまでとどまってしまった。水も汲まないのに何をやっているんだ。
人が少なくて良かった。

そこにいたる時間と行いのひとつらなりは、
自分の心身と時間をしっくりと繋いだ分岐点、接続点であったように感じている。

あのとき、あそこであの苔が目について、心がクッと持ちあがったことが、
それまでの時間と今こうして文字を打っている今の時間の流れをつないだ明らかなジョイントになっていて、
あのときとりあえずの惰性で休憩を取らずそのまま山へ向かっていたら、
今の自分は、今とは明らかに違う今にいただろうという確信が、今回は強くあります。

  マその「今とは違う今」が、今より良いか悪いかはわかりませんけれども。
  変わんなかったかもしんないし。

その時、吐き出し口にアゴヒゲみたいに垂れていた苔が目についたのは偶然なんだけども……
いやあ、「偶然ってこわいな」と、あとから思うとつくづく恐ろしい。
アレが無かったらその先の時間にあった出来事も、どう転んでいたかわかりません。
「苔が目についたこと」は、自分が用意したわけでもないし、
積み上げてきたモノゴトによって必然的に導かれたわけでもない、
ひとえにポッと出の事実が飛び込んできただけの瞬間だったから、狙いようも避けようもありませんでした。

なんでもない風景にうずもれた、ただ水の滴るだけ苔が一つ目に入るか入らないか、
たったそんなことで人の暮らしはこうも変わるものなのだということを
今回は実感しました。今回の旅は、そのことに尽きました。

そのあとも、見慣れた風景の中で新鮮な発見が続きました。

飯綱山から見下ろす風景でも、今回は北側の浅間山より南の町側の方に心ときめく、
心惹かれる美しさを感じ、
町なかにある水田に水が張られ、澄んだ光を鈍い色で照り返しているのに目を引かれました。
町がいつもより近く、広く見渡せた。
小諸は、町なかにもビューポイントにも木がよく茂っており、
視界も、見渡す中にも季節によって視界が大きく変化するので
あまり来たことのない時期に訪れると景観が一変して新鮮に映る。

Dsc03586
Dsc03602
Dsc03659


楽しみにしてきたギョーザ屋はイマイチでそれは残念でしたけれどもが、
そこから町への帰途に使った道は通るのが初めてで、
これまで通ってきた道と思わぬところで繋がっていたり、
見たこともないトンネル……これがまた、奇怪な怖さを持ったトンネルだったのだが……をくぐったりして、
あの苔との遭遇以降、幸せな出会いが続いた。
よく見知ったはずの道のわき、弁天の清水の裏手に小さな公園があることを初めて知ったり。
単純に、気持ちがそういう風に向いただけなのか、実際におかしな扉がひらいたのかは分からない。

  まフツーに考えれば「おかしな扉」なんてものは存在する筈もないファンシーイマジネーションで、
  目線を引いて見れば、
  全ては人間が「そこにある物に対して、そうある様に」行動しているにすぎないのは明らかなのだけど、
  果たして客観が先にあるのか、無数の主観が絡み合うのが先で
  そこから客観・客体が生まれているのか……それはまだワカラン気がする。

Dsc03668

Dsc03744

2日目は、惰眠を貪ってしまったせいで懐古園を回るだけで精一杯になってしまった。
特に新しい発見があったわけでもなかったがけれども、
自分の視野がやけに広く、風景が新鮮に見えた。
これは気分的な話ではなく、実際の目に見えている認識範囲の話。
いつもより広く、風景が目に入ってきていた。

もしかすると、
「普段も目のレンズには同じだけ映っているが、それを映っているとアタマが認識・処理できてないだけ」
かも知れないので、気分・コンディション的な違いなのかもしれないけど。

なんなんでしょうね。
季節のせいなんでしょうか、空気の透明度がとても高かったように感じ、遠くの方まで……
ただ単に、「晴れて、澄んで、遠くが見えた」というのとも少し違って、
「遠くが見えて、さらにその細部まで、精細に見えた」気がしている。
遠く・深くが見えた感じ。
カメラのピントが合う距離の範囲のことを被写界深度と呼びますが、それが深い感じに似ている。
かつ、平面的に感じない。

Dsc03773
Dsc03781

Dsc03783
Dsc03813

Dsc03863
Dsc03418


そのせいかはわからないけど、いつもよりゆっくり回ってしまったようで(いつもより時間ないのに)、
1時間半も園内にいたようです。
それでも、気持ち的にはもっともっといられるのを慌てて出てきてしまったのですが。

……そんなこんなで、なんでしょうか、自分で言うのもなんですが、
大変澄んだ瞳で過ごせた2日間だったような気がします。
その分、とてもボンヤリした2日間でもあったけど、満足感、充足感はあった。
ピンと来た時間ではありましたよ。エエ。
不思議と。
何かを追い求めていなかったから、見つかったものそのままを納得出来た、
というのはあるかもしれません。
それでいいのか? と言う人は言うだろうけども……
それはそれで、大事なことだと思うオイサン、42歳になろうとしている初夏であった。

ザ・初夏。

Dsc03818



以下、時系列順に
それぞれのスポットで起こったことを書き留めて終わりにする。



■全般
あのね、小諸寒かった。
来しな、軽井沢で新幹線からしなの鉄道に乗り換えるときに結構な寒さを感じ、
そのときは半袖を着ていたので、これはアカンなと長袖に着替えてどうにか乗り切れる気持ちでいたのだが、
日が傾き始めると最早上着がないのが不安なレベルで冷えてきた。
信州、侮れぬ。
あとでキャンディライトさんやみやさかさんで聞いたところによると、
ここ数日は風さえなければ霜が降りても不思議ではないくらいなのだそうで、
広報アナウンスでは畑に霜対策をせよ、と注意がかかるほどだったらしい。
珈琲こもろのマスター曰く、雨が降るようになればもっと冷える、とのこと。
東京みたいに、雨も降らないのにじっとりと湿気に苛まれるようなことはあまりないのだそうな。
「伊達に避暑地じゃないよね」という一言が、妙に印象に残っている。



■キャンディライトにて
サービスメニューのBセットに夏野菜カレーがあったので、それを注文してみた。
Aセットが「アジフライ+焼肉」だったのでものすごい悩んだ。
デこれである。

Dsc03374


決して「カワイイ」と呼べるシロモノではないと思うのだが、
あとから入ってきたJK二人の片割れが同じものをたのんで、
「かわいいー」とケータイでお写真なぞ撮っておられ、オイサンは大層肝をつぶした。
さすが小諸のJKはイカレたセンスしてるぜ(失礼)。
相方のJKもなかなか奮っておられ、

  JK「この、『カツ重』ってどんなんですか」
  マスター「……カツ丼って知ってる?」


という、一見コブラと悪役の様な小粋トークをぶちかましていてオクラ吹きそうになった。

  海賊酒場のマスター「見ねえ顔だな、よっぽど田舎の宙域から出てきたのか?」
  コブラ「実はそうなんだ。マスター、このカツ重ってのはなんなんだい?
      オレぁ生まれてこのかたカツ丼しか食ったことがねえ」

……みたいな(そんな会話があるか)。
このJKお二人は、嘗ては小諸近辺で暮らしていたのが小諸で再会した、
的なシチュエーションであったご様子で、会話を聞いててなかなか味わい深かった。

あと、カウンターの奥に賞状が貼ってあるのには前から気付いていて、
衛生認定証的なモノか、そうでなくても料理コンテストとかそのテの類のモノだろう、
と何となく勝手に思い込んでいたのだけど、
書いてある文字列に違和感を覚えてよく見てみたら、駅伝に入賞したときの賞状だった……。
3位と5位。

Dsc03378


なんでそれを貼ったんだ。
あと、本棚の『こち亀』27巻がかぶってた。
かつて客同士で27巻を取り合ういざこざでもあったのだろうか……。



■停車場ガーデンさんにて
小諸へ来ると、毎度、動き出す前(今回は山方面へ向かう前)に
この停車場ガーデンさんでマグボトルにコーヒーを買っていくのだが、
今回はどうしたことかものすごい満員でえらく時間がかかってしまった。
マそもそも人気の高いお店なので結構待つことも珍しくないですけども、今回は特に。
オサレなお店ですし、女子でいっぱいです。

Dsc03398
Dsc03400


尚、コーヒーといっしょに必ず手焼きクッキーも買っていくのだけど、これがまた絶品です。
味の種類は、紅茶味とかチーズ風味とかいろいろあるけど、
オイサンはスタンダードなシナモン風味が好き。
山のてっぺんで一人コーヒーを飲みつつ頂くのが最高です。
乙女か。山ガールか。


……( ゚д゚;)……ハッ!


いま、恐ろしい推論をひらめいてしまった……。
ここなちゃんに会おう会おうと思って飯能へ何度か足を運びながらも、
ついぞ出会ったことがない、その影を捕まえたことすらないのだが、もしや……
俺自身がここなちゃんなのでは……!?
それならば会えないことにも納得がいkおや誰か来たようだ。
まあそんな、ここなちゃん&ユイオグラファンから殺されそうな冗談はサテオキ、
実はこの日、飯能では『ヤマノススメ』ファンミーティングイベントが開催されておりまして
(小諸現地で知った)、
『ヤマノススメ』のOVAとその劇場上映、あとTVアニメ3期放映が発表されておりましたとさ。
おおめでたい。
小諸関係ないけど。


……。


小諸をひとりブラついていたらお忍びで巡礼に来てた阿澄佳奈とバッタリ出くわしたりしないだろうか、
などとアラフォーらしからぬ都合の良い妄想をコチトラ楽しんでいたというのに、
地に足の着いた当の阿澄さんは飯能でせっせとお金を稼いでおりましたとさ。
トホホのホ(何がだ)。



■弁天の清水にて
いつもはひっきりなしに、水くみの車が訪れては去り訪れては去りするのだけども、
今回は、人はそれほど多くなかったな。時間帯のせいもあるのだろうか。
オイサンが見たのは、
着いたときに始めからいたバーサンと
気合の入ったジーサン(3Lくらい入りそうな、焼酎のボトルみたいなの30本くらい汲んでいた)、
遊びの途中でやってきた、年が2ケタに上がるか上がらないかくらいの少年5、6人、
あとは業者っぽい、ごついポンプを積んだ軽トラのおっさんくらいだった。

少年たちは顔洗ったり水飲んだり、わーっとやってきては
「公園で遊ぼうぜ!」と5分もいないで走り去ってしまった。
いいねえ、近場にこんな場所があって。

Dsc03505

Dsc03446

最初のバーサン・ジーサンもなんだかなーな二人で、
二つある注ぎ口の、やたらと勢いのある方を使ってたバーサンが、
ジーサンが汲み終わったボトルを運んでいる隙に彼の使っていた勢いの弱い方を
なぜか使い始め、
「……そこ私が汲んでんだけど」
「2本だけだから」
という、非常にもっちゃりしたやり取りだけがあって、なんか居心地が悪かった。
なんだよ、「2本だけだから」って。面白えなチクショウ。
マ確かに、勢いある方は水勢が強すぎて汲みにくいんだけど。
ヘンな人間模様である。



■飯綱山公園にて
いつもは、山の一番奥まで歩いたところにある山頂の広場からの眺めが一番良いと感じるが、
今回改めて見てみると、高原美術館の裏手の駐車場から見る浅間山も近くて迫力もあり、
CGめいた非現実感が大変よいな、と思った。
また上でも書いたが、今回は南側、町の方の眺めが大変良かったと思う。
町も山もいつもより近く感じたのは……なぜなのか分からない。

Dsc03558
Dsc03559



■駅前そば屋にて
年輩のスーツおじさんが、東南アジアげな若者とずっと英語でしゃべってた
どういう関係だったんだろう。

Dsc03506

Dsc03622



■おみやげのみやさかにて
買い物をして、実家に送りつけるための伝票を書いている途中のおやつ(毎回出てくる)に、
今回は、ご自宅の晩ゴハン用に茹でたという枝豆をお出し頂いたのだが(なぜだ)、
これがまた美味い!
何の味もつけていないというのに驚くほど味のある豆で、名物にならないのが不思議なくらいだった。
名前忘れちゃったな。なんかちょっと変わった名前を教えてもらったんだけど。
以前、新潟出身のテ氏に、新潟名産のダダ茶豆をいただいて
それも驚くほど美味しかったのだけど、タメをはるおいしさ。

しかし……なぜ私は、みやげもの屋でヨソんちの晩ゴハン用のお豆さんをいただいておるのか。
この調子でいくと、次回はいよいよ夕ご飯に招待され、
その次はお風呂を借りて、
しまいには泊めてもらえるんじゃないだろうか。すみませんね奥さん。
ところで、オイサンはみやさかさんで売られている中でも、
この「焼きはや甘露煮」がグレイトにオススメ
大変おいしい。生臭さもなく、クセもない。

ホロホロに崩れるくらい柔らかく煮込んであり、
ちりめんじゃこの骨でも喉にかける(本当)我が家の母でさえ
「頭から食べても何の問題もない」と評するほどである。
同じラインナップに鮎もあるのだが、オイサンはこっちのが好きだった。

  仕入れをご希望で手渡し可能な方は、事前にご注文いただければ
  オイサン買ってきますよ。別に通販ページで買ってもいいけどw(そっちのが早いだろ)

デ、そんな話をしたら
「そうなんですよ、これ美味しいんですよね!!」
と、お母さんからも、大お母さん(お婆ちゃん)からも満面の笑みでリアクションが。
野沢菜の話を訊ねると、夏場は違うのを扱うことに今回から試してみていて、
これも美味しくて……と、商品の研究にも余念がないご様子……なのだが、
どれの話を聞いても「美味しい」とかキチンと感想が返ってくる。
……一体自分とこの店のみやげもの、どのくらい自分で食べてるんだろう。

Dsc03718




■ツルヤさんにて
地元信州に展開するローカルスーパーのツルヤさん、
テ氏の奥方がここのおやきが大好物なことで全国的に有名ですが(そんなことはない)、
「ツルヤオリジナル」というプライベートブランド商品を、チョイチョイ展開していらっさる。
いままでは、そのおやきとか(これは別にPBじゃないけど)、
ドライフルーツ(とくにやわらかリンゴ)とか、謎のレモン風味ポテチ(一風変わってるけどクセになる)とか
くらいしか買っていなかったのだが、
「店内しっかり歩き回ったら、もっといろいろあるんじゃないか?」
と思いついて、今回いろいろな棚を探して回ってみたら……あるわあるわ。

お菓子をはじめ、ドレッシング的なものから、お出汁、味噌汁、スープ、農産乾物、びんづめ、缶詰、
ふりかけやらなんやら。
そんなんで、目について気になった物を色々買ってしまった。
あんまりかさばらなくて軽い物ばかりだけど。
しばらくはこれで楽しんでいく所存です。

Dsc03929


マそんな感じでヒトツ。

しかしワタクシ、曲がりなりにも『あの夏で待ってる』の巡礼がらみで小諸を訪れているにもかかわらず、
公式聖地であるところのみまき大池にはまだ行っていなかったことを思い出した。
マ歩きではなかなかアクセスし辛いところにあるのですけれども、
どうやらそこからもなかなか美しい眺めが拝めるようなので、
次回行くときはそこを目指そうかなと、それっぽいことも言っておきましょうか。



オイサンでした。
 
 
 

   

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その三~ -更新第1129回-

2017年のGW、オッサン3人で行く甲府・昇仙峡と忍野八海の旅。
第3回……ようやく初日の午後だよ……
まあ今回は前半に色々集中してて、後半はひとえにまったりしていくばかりなので。


Dsc02795
ホテル菊富士の庭にて。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 1日目 ━■■■
================================================================




■1日目:甲府市街 ホテル「菊富士」、そして「ひなた」へ



時刻は14時を過ぎた。駐車場で一休みし、イザ、町へ戻って昼ゴハンを。

昇仙峡と町をつなぐ道もなかなかにワインディングでしたが、
くだりは特に、雑木のすきまから甲府の町越しに富士山の勇壮な姿を臨むことが出来て見応えがありました。
マここまでくると富士山は、よっぽど邪魔者のあるアングルでもないと
大抵見られるのでいい加減飽きてはくるのだが。

Dsc02717

Dsc02733

Dsc02751


関東に越してきてびっくりしたのは、意外といろんなところから富士山がみられてしまうことだった。
関西に住んでいると、富士山なんか「あるのは知ってる」くらいで
全然遠い存在ですからね。
せいぜい東海道新幹線の窓から臨むくらいのモノで、日常からはかけ離れている。

そんな、非日常的なものをマイニチ当たり前みたい眺めて暮らしているから……
こんな突拍子もない人間が、あっちこっちで発生してしまうのかもしれません、甲府!
甲府、驚異の三賢者の二人目(厳密には二組目)は……人里を遠く離れた仙人郷ではなく、
人の世界、まちの暮らしの中に潜んでいました。



テ氏の予約した宿は「ホテル菊富士」。



甲府駅から、徒歩でも15分ほどの好立地であるが……そのお値段、なんと一泊3200円。
まじでか。
富山の魚津スカイホテル、銚子のホテルニュー大新につぐ歴代記録のお値打ち価格ではあるまいか。

ただ如何せん、テ氏いわく、

  「宿の場所が、マップ上じゃ分からないんですよー。ディーンとしか書いてない。
    宿の名前はディーンじゃないのに。ディーンしかないの」


と、宿を予約したテラジさんがディーンディーンうるさい。
なるほど、確かに地図上ではディーンが目立つ。





しかし、一旦車で宿近くまで行くと、ホテル菊富士は案外すぐに見つかりました。
駐車場も、ちょいと狭いがすぐ前。便利。
着いたのが15時前とチェックインにはまだ少し早かったので部屋には入れず、
一先ず車だけ置かせてもらい、腹がいななきよって仕方ない二人と
宿から歩いて15秒、走れば5秒のところにある食堂「ひなた」へ向かいました。
さあ、腹減ってるんだろ? たらふく食えよ。
しかしその店構えを見て、二人は口を揃えてこう言いました。

Dsc01802



「オイサン……ここ、よく一人で入りましたね。勇気あるわ」


……うむ。今は自分でもちょっとそう思う。
残念ながら、店先をしっかり捉えた写真はないので、
店内の写真を見てもらい「大体これと同じ」と思ってもらえれば良いです。

蛮勇である。

別に、その時は面白いから入ろうと思ったわけでもないし、
「やべえなこりゃ……へっへっへ、腕が鳴るぜ……」と決意して飛び込んだわけでもなく、
「まあ、ココだろう」と思って入っただけなのですが、
改めて人から指摘されるとちょっとコレはどうだろうな、と思わされる。
オイサンが独りでいるときの判断というモノが、如何ほどの常軌の逸し方をしているか、
なんとなく見せつけられてしまった気がする。
今後気を付けよう……否、気を付けない方がいいのか?
別に死ぬ思いをしたワケじゃなし、今のままで良いように思うな。

  すぐ隣がガストさんだったのも、逆に奏功したのかもしれない。
  「さすがにここまできてガストはねえわな」と思ったので。
  なんとなく2択が成立したのだろう。マけがの功名というやつである(ケガ扱いかよ)。

オイサンが既に潜入調査済みである、ということを知っていても、
お二人の腰はまだ若干引けていたように思う。
何せお二人は、今日一日、大切に大切に空腹を育てていらしたのであるからして、
その蓄えに蓄えた空腹を、生半可なメシで満足させたくないという思いもあるのであろう。
その情熱、分からないではない。
正直を申せば、その情熱に『ひなた』のメニューがお応え出来るかどうかに確信もなかった。

だから包み隠さず、車中でこのようにお伝えした。

「決して飛びぬけてウマイってワケじゃないです。まずくはないですよ。
 味はフツウ。普通です、ふつーですけど、フツーの人が油断して入ったら
 色々コミで結果マイナス評価になる系のお店です」

多分間違ってはいないと思う。
そして、店を出た後のお二人の反応から察するに、間違っていなかったと今でも思っている。
そして我々は……フツーじゃないのか、色々コミで、プラスで終われたのだとも思う。

もしかするとお二人は……空腹に余裕があればここは避けたかもしれないな、と、
入る前の腰の引けっぷりを思い返すに、察するところがある。
「よく一人で入りましたね」と、3、4回言われた気がする。
しかしもう彼らものっぴきならないところまで来ていたんじゃなかろうか、
今からほかの店を探すゆとりもなく、テ氏が扉を開いた。

Dsc02761

Dsc02762

Dsc02758


まあ、内装にやられますよね。

九龍城か。

あと、本棚に揃えられたマンガのラインナップにやられる。
オイサン・テ氏の世代には、かなりツボを押さえた品ぞろえに見える。
しかし我々は、九龍城に遊びに来たわけではない、メシを食いに。腹を満たしに来たのだ。
メニューを選ぼうじゃないか、さあさあコレだ、
この一昔前のカラオケの選曲本みたいな厚さの本がメニューなんだぞコノヤロウ。
選べ?

R0041805
お写真提供:テ氏

このパートなんとかって書いてあるのに惑わされるな、
ほとんどそれはページ数みたいなもんだから!
そこへ、注文を聴きに来てくれたのか? お店の旦那さんが通りかかる。

  旦那「そのパートメニューってのはね、
       メニューの前の方にあるレギュラーのメニューを組み合わしたやつだから」


  テ氏「オイサンwwwww説明が間違ってるじゃないですかwwww」

  弊社「オウフwwwwすまぬwww知ったかであったwwwwフォカヌポゥ」

  旦那「そんで、組み合わした値段から、400円引いてあるの。オレ計算できなくてバカだから」

  ヨ氏「自虐wwww」



どうですかこの、一瞬のトークのキレ。
ついでだ聞いてしまえと振り返ると、旦那さんの姿はない……どこへ消えた?
この「面白丼」ってなんなのか聞きたかったのに……と思ったら、トイレから出てきた。
注文をとりにきたんじゃなかったのか……。

Atr2dsc01793


  弊社「この『面白丼』ってのはなんなんです?」
  旦那「それはね、面白丼って名前だけど作ってる方は面白くないんだよ


そんな情報は求めていない!
旦那さん曰く、色々乗っかり過ぎて、利益率が悪いという事らしいが、
それは他の、パートメニューなども同じことの様だ。
尚『面白丼』、色々と乗っていることを説明してもらったのだがホントに色々過ぎて
何が乗っているのか殆ど失念してしまった……せっかく聞いたのに。
唯一憶えているのは、旦那さんが最後に言っていた「目玉焼きが3個乗っている」ということだけだ。

しかしもう、このトークのキレだけで相当やられてしまった我々ちゃんは、もうすっかり夢見心地。
大量のメニューから、各々苦慮して厳選したお料理を注文すると胸を躍らせて到着を待った。

お二人とも空腹が酷いらしく、
ワリと盛りメのチョイスにアディショナル(追加オプション)を加えたらしいが、
大丈夫だろうか?
このお店、デフォでバカみたいに大盛りなワケではない。普通に食べられる。
ただ、サイズ設定の名付けが独特で、

 無印(普通) < Large < Bigり(ビッグり) < 超Bigり

……とか、シレッと書いてあってびっくり……否、ビッグりする。

また名称だけではなく、ノーマル以上の設定を注文すると
量のアップ幅は大きいので注意は必要……なのだが、まあ2人ともツワモノだから、
それほど問題にはならないだろう。

時代物の14インチブラウン管テレビからは、殺人事件モノのサスペンスが流れている。
前来た時も刑事ドラマ流れてたなあ……店の奥さん、空いた客席の一つに座ってガッツリテレビ見てるけど、
まさかアンタ、お気に入りのドラマの録画を流してるんじゃあるまいな?

待つことしばし、

  奥方「パート16(じゅうろく)の2はどなた?」
  ヨ氏「ぼくでーす」
  奥方「パート12(じゅうに)の、カニクリームコロッケ4個追加は?」
  テ氏「あ、私です!」
  奥方「パートテン(10)は?」
  弊社「……。え? あ、はい」

なんで「10」だけ「テン」なんだ。一瞬わかんなかったわw
ちなみに「パート16の2」というのは、
「レギュラーメニューにある何かしらの肉を焼いたものと何かしらの揚げ物を組み合わせた
 (チキンカツ+ハンバーグ など)パートメニュー16番に、
 何かしらのオプションバージョン2が付加されたもの」
であり、これが大体、パート20くらいまである。
テ氏がコッソリ

  「パート16の2って……『ファイナルファンタジーX-2』かよ……」

と呟くのを、私は聞き逃さなかった。だってオイサンも同じことを思ったから。

  弊社「パートⅣとⅨはないんですね?」
  奥方「シとクは抜いてるの」
  我々「(そこは普通にゲン担ぎなんだ……)」

テ氏はハンバーグにカニクリームコロッケ(×6!)を増量+ゴハン大盛り、
ヨ氏は焼き肉に焼きチキン増量(×2)+ゴハン大盛り。
よほど腹が減っていたのだな……。

 「オレ、カニクリームコロッケなら
                無限に食えると思うんスよ」


と、百万石の領主におさめられた年貢のごとく皿に積まれた
6個のカニクリームコロッケを前にフラグ立てに余念のないテ氏を最終的に見舞ったのは、
2度目の「大好きだったものをキライになりそうになる」瞬間だった。
だって最後の方、明らかにしんどそう、というか、
おハシで転がして食べるのをためらっているご様子でいらしたもの。

まあ……いっこいっこ、味が濃いんですよねw
そして、本来箸休めになるはずの千切りキャベツがみるみるその濃い味ソースを吸い込んで、
濃い味に疲れてキャベツに手を付けたくなる頃には
キャベツさんもすっかりそちら側に染まっているという、2重3重にからめとってくるワナ。
甲府のヒトの好みなのかしら。
甲府のヒト、血圧高いんじゃない? でなきゃあんなにしゃべれないと思うわ
(※偏ったサンプルに基づいた感想です)。

オイサンは……大盛りにしたりしませんよ。ええ、しませんとも。

Dsc02764
おいしそうでしょ? そうでもないんですよ ← オイ

店を出たとき、テ氏も、そして真に無尽蔵の胃袋を持つヨ氏までもが、
若干体を重そうにしていたが印象的であった。
うーん、すきっ腹の詰め込んだのが苦戦のもとだろうか。
普段だったら、そこまで苦戦するような物量ではなかったと思うんですよね。
マ味は確かに濃かったかも知れないけど。
昼ゴハンが15時近くまでずれ込んで、胃の縮こまったところにブッ込んだのが苦戦の主因か。

  ※ しかしここまで読んでいただいて皆さんお気付きの通り、
  ※ 別にね、遊び心がひどい店でも、何かのタチの悪い店でもない、
  ※ 色々天然なだけの極めて良心的なサービスのお店なのです。
  ※ 強いていうならそう、無邪気。
  ※ ひなたは今日も無邪気なサービス精神で、皆様のご来店をお待ちしております。



■甲府の夜と、再びホテル「菊富士」



さあ腹も一杯になってしまったら、あとは宿に帰ってぶっ倒れて眠るだけ……
というワケにも参りませんし、大体お前まだ夕方の4時だぞ。
大人なんだから、旅先の夜にはまだまだやることが残ってるだろ?
オトナの遊びがよ……ウヒヒ。
そう。
テ氏御用達の模型店に行って、……なんでしたっけ? やすりの、何千番だかを買うんでしょ?

なぜかアラフォーモデラーテ氏にはこの甲府に行きつけの模型店があって、
今回は奥方から、そこで何らかの塗料と2000番のヤスリを買ってこいと指令を受けているらしい。
まあテ氏からしてみれば、甲府なんてのは近所みたいなもんですから、
近所の美味しいラーメン屋でラーメンを食べて、その帰りにヤスリを買って帰ったりされるわけです。

そんなわけで、なかなか気難しそうな親父がムッツリとカウンターに陣取った、
模型店「ホビーショップイチカワ」にて買い物をすませ、
さあ軽く飲みものでも買って宿へ帰

  ヨ氏「お、クムーリ(*1)売ってる! 食べましょう!」

     うちのチームではソフトクリームをクムーリと呼びます。
     たまに間違ってムクーリという人がいますが間違えすぎると破門になります。



食うんかい! どないなっとんねん。さすが我らがエース、すげえな……。


 テ氏「食べましょう」


……。うちのチームは層が厚いなあ……
ボカぁ、あっという間に2軍に落とされてしまうよ。 ← 食べなかった人
なお、ヨ氏はクムーリの他に大判焼きを買って帰って夜食にし、
エースとヒラの格の違いを見せつけていました。

Dsc02772

Dsc02774
こうふ です。 どうしますか? ボス!


宿から目と鼻の先にある地元のスーパーで飲み物を買い、宿に戻ってチェックイン。
すると、宿のおかみさん(※この人は今回地元で関わったショップ関連の人材で唯一マトモ)から
衝撃の一言が。

  「お部屋ははなれになりますねー」

これがそのはなれです。

Dsc02798


マーガレットの咲き乱れるお庭付きの別棟。どうです? メルヘンでしょう?
平均年齢・約40歳のバラ色ダンディ3人組が愛を育む(育みません)には最高のロケーションです。
ちなみに二部屋あって、もう一室は別のお客さんが来られるご様子。
あのね、このお宿、めっちょ安いんですよ? それなのにこの所業。鬼です。安さの鬼。

中も大変広くてお手入れも行き届いており、なんら不満はありません。
しかしこの日は天気も良く、ちょっと暖かすぎるくらいだったので、
ちょっとだけお部屋を冷やしましょうかね。
エアコンのスイッチをぽちっとな……。
……。
寒くね?
あまりのエアコンの威力のおかしさに気付いたヨ氏・テ氏が天井を見上げるとそこには、


……エアコン、でかくね?


Dsc02804


なんとそこには、映画『インディペンデンス・デイ』に出てきた異星人の
母艦UFOほどもあるエアコンが!!
まあそれはオオゲサっていうかただの嘘ですが(日記にうそを書くな)、
嘗ては大きなアミューズメント施設の長でもあったテ氏いわく、
「ちょっとしたデカ目のゲーセンにあるやつ」くらいのエアコンらしいっす。
ちょっとONしただけでもう寒いのなんの。

「この宿も、一見マトモなフリをして見えるが、
 実はおかしなところで牙の剥き方が斜め上なのでは」

と、我々調査団の間に緊張が走るが……クッ、なんだこの、異様な眠気は!
まさかさっきの食事になにか……ZZZ  ← 食いすぎ

ヨ氏はいつも通り、部屋に着くなりなんの抵抗もなくフトンに滑り込み、
なんだかんだ言いつつテ氏・オイサンもそれに続いて横になると、部屋はもう横になり祭り。
買い物を終えて帰ってきたのは確か5時くらいだったハズでしたが、
それから8時くらいまで……3人は無抵抗主義を貫いたのでした。


……。


実はこの日にもう一つ、
ホビーショップではないテ氏の行きつけであるところの飲み屋さんで、
夜は一献酌み交わそう、という目論見があったのですが、
如何せん、3時間ばかり無抵抗でいても、ひなたでやられたダメージが抜けきらない。

  そう、当初の予定であれば、夕方からそこに入ってゆっくり舌鼓を打とう、
  などと寝ぼけたことを目論んでいたその店である。
  誰だ、そんなあまっちょろいことを考えていたのは! 調査任務を何と心得る!

しかしまあ、せっかくなので一杯だけでもということで、
宿の風呂が閉まる22時には戻って来られるように20時をナンボか回ったころに繰り出した。
店はほぼ満員ながらかろうじて3人座れる席を確保、小一時間ばかり酒を酌み交わし、
今日我々を襲った恐ろしい出来事の数々について振り返っては互いの無事と健闘を喜び合ったのでした
(訳:何を話したのかあんまり覚えていない)。
出てくるお料理は大変おいしかったのをよく覚えている。
すじ煮と卵焼きだっただろうか。

Dsc_0508


Dsc_0506
駅前に鎮座する、信玄公の像(ようやく甲府っぽいの出てきたな)


宿に帰ると風呂はもうボイラー切られるほとんどギリギリで、
ものの10分ほどで浴びるように湯に浸かり(間違えた表現)……
その後、なぜ部屋がジャパリパークになってしまったのかが思い出せない。
なんか色々とコンテンツの話をしていたように思うのだが、
そこから『けものフレンズ』の話になって、
ヨ氏の手持ちライブラリから、未視聴だというテ氏にキモの部分をご紹介したのだったと思う。

  なんか最初に『日常』をご紹介したときも似たような流れであったように思うが……
  マそんな感じだ。あれは魚津でであった。

そんなこんなで甲府に突如出現したジャパリパークの夜は更けた。
たーのしーい。


というところで再び小休止。
あとは、忍野八海でソバ食って、道志村で風呂入って帰るだけだよ。

オイサンでした。
 
 
 

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その二~ -更新第1128回-

2017年のGW、オッサン3人で行く甲府・昇仙峡と忍野八海の旅、第2回。
まだ1日目の午前中なんですけども。
なんでここまでがこんなに長くなってるんだ?

さて初日の午前中に、早速旅のクライマックスが来ている辺り、
今回の旅は出し惜しみナシのご様子です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 1日目・その2 ━■■■
================================================================




■1日目:昇仙峡 パノラマ台~茶屋「賢者の庵」にて(※)~
               ※実際はそんな名前じゃありません




ところで、この山の上にはお店が大きく2軒あり、
1軒はロープウェーのりばに隣接した、小ぎれい&シャレオツないかにもイマドキの観光客向けの顔をしている。

そしてもう一軒……
絶景ポイントをひとめぐりしてもといた広場へ帰ってくると、のりばから少し離れた、
山頂神社近くにあるあばらy……失礼、いかにも年季のしみこんだ山の茶屋然とした方の店から、
見るからに曲者臭の漂うらんぼうn……失礼、
威勢の良い、百戦錬磨の呼び声がする。
さきほどヨ氏が、
「あの店、『かき氷1杯300円、食べ放題』て書いてますけど、1杯なんですよねw?」
と軽くいじっていた店である。
確かにあの書き方ではよく分からヌ。


Dsc02532


店から出てきたご婦人の呼び声があまりに威勢が良すぎて、寄り付く客もない。
ワカル。
私たち3人も、当初は取り合っていなかったし、取り合う気もなかった。
しかしまあ……なんでしょうな。



申し訳ない。



私です。
私が最初に拿捕されたのです。

お店というか、海の家の山版のような、その内装……なんだかよく分からないオブジェが、
屋根の下に収まりながらもむき出しになって牙をむいているその様に、
そこに何があるのかに、好奇心を抑えられなかった。
声を張り上げているご婦人からは、まだ相当距離があった。
もしあれがRight-Onの店員だったら完全に射程外だ。
向こうが距離を詰めてきたとしても、離脱出来る自信があった。

それなのにまさか、
移動しながらMAP兵器を撃ってくるユニットがいるだなんて、フツー思わない。
最近ラノベだかで、『通常攻撃が二回攻撃で全体攻撃のお母さんがうんぬんかんぬん』というのがあるらしいが、
RTSでもないのに高速移動しながらMAP兵器を撃ってくるお母さんだったわけです。
そんなの見抜けない。

声をかけてくるにしてももう少し近づいてからかけるもんだろうに、
完全に油断したオイサンの左ななめ後方約5、6mの距離から話しかけてきた。
もう、最初の言葉が何だったか覚えていない。
ただ、それよりちょっと離れたところにいたテ氏が、なんとも言えない複雑な表情で笑っているのが見えた気がした。
会話の内容で憶えているのは、話がかき氷のシステムに及んだ辺りからだった。

Dsc02529


「かき氷もねえ、これ1杯300円でしょう? おかわりし放題だし、シロップもかけ放題なんだわ」
「あ、これ食べ放題なんですか?」
「そう。ひとりで何杯食べてもいいし、一人が注文して、他の人に分けてもいいのよ。
 毎回シロップもかけていいし」
「あ、え? 他の人が食べてもいいの? それ大丈夫なンすか?」
「いいんだズラ(*)。せっかく来てさあ、楽しんでってほしいじゃん?」


  *原文ママ。ズラ訛りって初めて聞いた。


なんというサービス精神。まさか、そこまでタガの外れた食べ放題だとは思わなかった。
下界では、おかわり自由を謳いながら実は2杯までだったり、大食いメニューも協力プレイは禁止だったりと、
様々な制約を設けて自分たちのアガリを守ろうとするのにキュウキュウとしているというのに。
ここでの無限は真の無限、本当の愛はここにあった。


  ……いま書いてて思ったのだが、このご婦人、

    1. 山の上でカフェ(?)を営んでいる
    2. 訛りがすごい(かわいい)
    3. サービス精神がすごい
    4. お客が少ないのを嘆いている

  などの共通点から、もしやアルパカちゃんだったのではないだろうか? 
  という恐ろしい仮説にたどり着いた。
  「博士に教えてもらったんですか?」って聞いてみれば良かった……。

けものフレンザーたちから殺されそうな冗談はさておき、
オイサン一人ではこの重力圏内から脱することは不可能、
最低でもかき氷は平らげて見せねば解放してもらえないだろうと踏んで、
「ヨ氏ー、かき氷、本当に食べ放題らしいぞ」
と、エースを呼び寄せる。
そうなると、若干遠巻きに見守っていたテ氏もやって来ざるを得ない。
何を呑気に見ているんだね! 知ってるんだぞ、君らこういうの大好きだろう!

そしてここからは……怒涛の一時間であった。

オイサンとテ氏はアイスコーヒー、ヨ氏は300円で、のちに
「この時期にかき氷食べるのは、生涯で最速かもです」
と語ることになる、食べ放題のかき氷を注文した。

  お婆「シロップは? なにかける?」
  ヨ氏「じゃ苺で」
  お婆「もう一種類は?」
  ヨ氏「え? どういうことっすかw」

こういうことである。


Dsc02535

Dsc02543


上と下、別々のシロップを選んでいいのだ。無限のサービス精神!
選ぶのに困ったヨ氏に請われ、オイサンはマンゴーを指定した。

目の前で、ガリガリと音を立ててイキの良い氷が削られていく。
コーヒーも運んでこられ、さあコレを片付ければ観光を再開できるぞ!
……と思ったのもつかの間、お婆はさっきまであんなに熱心だった客引きもやめてしまって
我々のテーブルにつきっきりでトークショーを始めた。
こ、これでは迂闊に脱出できない!

 「かき氷はねえ、3杯半食べてった人もいるよ!」
 「あの神社はねえ、本当はあっち(ロープウェー乗り場の反対側)が正面だったのさ。
  でもあっちにのりばが出来るからっつうんで、こっちに鳥居こさえて
  お迎えするようにしたズラ。
  あたしらはさあ、その前からずっとここで商売してるじゃん?
  そういうのもずーっと見てきたんさ」

などと、まだまっとうな観光情報も提供するかと思えば、
急に一度店の中にひっこんで、お、話は終わったかな? 今なら脱出できるかな? と思わせておいて、

 「食べる?」

と持ち出してきたのは……フキである。
アイスコーヒー&かき氷に、フキの突き出し! しかも突き出しが後に出てくる!
ざんしんwww! と、ひと笑いしたのも束の間、
……このフキ、下処理がしっかりされていて、嫌な匂いやエグ味が一切なく
サクサク食べられてしまうのだった……達人の仕事です。

Dsc02536


  ここでウッカリ「あ、美味い。美味いっすねえ!」などとホメようものなら、
  2撃目のタラの芽弾が装てんされてしまうので、早く退散したいときは言わない方がいい。
  ……。
  しかしオイサンらは比較的時間の都合をつけやすい旅程で来ているから良いようなものの、
  時間カッチリで予定組んじゃってる人はヒヤヒヤもんだろうなw

ヨ氏がかき氷の一杯目を平らげると、
「もう一杯どうする? シロップは?」
と追撃をかけてくるものだから、ヨ氏にだってエースとしてのプライドがありますもの、
応戦しないワケにいきません。
そうするとイキオイ、話も長引いて、あちらも果たして観光客相手にそんな話がしたいのかどうか、
よく分からない話題まで持ち出してきます。


「入間のコストコで買ってくる冷凍餃子がうまい!」



とかそんな情報、わざわざ甲府の仙人から聞くような話か!
よくこんな話wwww観光客相手にwwwwするよなwwwww

  ……うーん。
  RPGの、町から外れた一軒家に住んでる婆さんから、
  たまに変な道具の効能を聞かされることがあったりするけど、なんかそんな気分だ。

マ入間方面の話になったのは、私たちがどこから来たかというハナシから派生して、
東京、神奈川の方という流れから、
お婆自身が関東圏のどんなところへ行くか、行ったことがあるかみたいな話になり、
横浜中華街の中華に話が及んで、

  「麻婆豆腐ならあたしのが美味く作れるね!
   でもあの、えびチリつうの? アレは美味かったね。
   でも餃子! 餃子はね、入間の方のコストコ、あそこで買ってくるね! あれは美味い!
   あとそこのティッシュ。それもね、コストコでまとめて買ってくるね、安いから!」

つって、もう一体俺たちは何の話を聞かされているのだか
おかしくて仕方がない。
こっちも半分調子に乗って、その話題に相槌を返してしまうものだから、
向こうはさらにサービス精神を発揮してくる無限のマッチアップ。
テ氏はテ氏で、お婆の話す道路事情やその速さに共感を示す。
お婆はときおり店に引っ込んで、「お、終わったかな?」臭を漂わせつつも、
ものの数分でまた現れる、という謎のシーンチェンジを繰り返し、
なんなら衣装替えがないのが不思議なほどの舞台転換さばきでありました。

  テ氏「あの、時々いなくなるのはなんなんでしょうねwww?」

分かりませぬw 奥で水でも飲んでるんじゃないのかwwwリポビタンの瓶でww
一体、お婆の本来のオシゴトは何なのか、客引きなのか、ホールなのか厨房なのかホステスなのか。
話の最中、神社に備え付けの自動おみくじ機の調子が悪かったらしく、
独りのお父さんが訴えにやってきたのだが、
なんだか非常にざっくりした対応をしていたようにお見受けしました。
山の看板娘を、オイサンたち3人で独占しちゃってていいのかなあ。
ボクらそろそろ、オイトマした方がいいんじゃなあい(そろそろ次へ行きたい)?

突き出しに出てきた山菜についても、ちょっと尋ねれば

  「ああ、あんなもん、ここに上がってくる途中にちょっちょっと寄り道すればもう、
   お店で売ってるズラ? こーんなちょびっとの束が、300円、400円?
   (いかにも作った渋い顔の前で手を振る)とーんでもない。
   タダさー、自分で摘んで来れば」

演技派だもの。
お婆、どっかで女優でもやってたんじゃないの?
……などと話を振った日には、きっと娘時分の自慢話の一つや二つ飛んでくるので
言いませんでしたけれども。
そうして極めつけは、お婆、昇仙峡の地図を持ってきて、
とっておきの観光情報でも教えてくれるのかな? と思いきや。

 お婆「あんたらどうやってきたズラ? 車? どこ停めたさ? この道で、この駐車場。ははあ。
    よく聞きな、ここに三叉路があるでしょう?
    昇仙峡の入り口のところに駐在所があるズラ。
    ここにはねえ、もうずーっと前からいてくれてるお巡りさんがいたんだけども、
    この四月で定年になっちゃって。替わるときもちゃーんとあいさつに来てくれてねえ……
    それはそれはいいお巡りさ(中略)
    そんでこの4月から、新しい駐在さんがくるズラ?
    これがまた……(さっきの渋面+煙たいしぐさ)……なんズラねあいつは!
    Tシャツにジーパン履いてもう、小僧っ子みたいな格好して、
    ここ! この三叉路の陰に隠れて、一旦停止するかもう、じー……っとみてるズラ!」
 俺ら「(ああ、三叉路のハナシはここからなのか)」
 お婆「この三叉路で、一旦停止するズラ? そしたらそいつ物陰から出てきて、
    『止まってない!』って7000円と減点よ。マーいけ好かない!
    だからね、あんたらはここの一旦停止でキチッと止まって、3秒! 三つ数えて発進するの!
    いいね!」
 俺ら「はい、わかりました!」
 お婆「ねえ! せっかく遊びに来てくれてさあー、
    そんなことでイヤな思いして帰ってほしくないじゃん? 3秒! ね! 気を付けて!」

お婆、観光案内所では教えてもらえない貴重な情報ありがとう!

かくして、かき氷2杯、アイスコーヒーを2杯、そして突き出しの山菜(フキ、タラのメ)をいただき、
我々は賢者の祠をあとにしたのであった……。
あ、ついでに話の中で出てきたマスコット犬コロちゃん(故人)のお写真も見ていきました。

かれこれ……3、40分は捕まっていたのではないだろうか。
イヤ、お婆、悪い奴じゃないんだよ。すっごいいい人!
でも、なんだろう! なんなんだろうなー!
しかしなんだろうな、なんでこんなに長引くのか。
オイサンがリアクション返すのが悪いのか?

……。

などと面白おかしく書いてはいるが(実際面白おかし過ぎたんだけど)、
あとから思い返して調べてみれば、
昇仙峡ロープウェーの開業がおよそ50年ほど前で、
お婆はそれ以前からあそこに店を構えていたような口ぶりではあった。
また、定年になったお巡りさんからも敬意を払われる関係性は、
まず間違いなく年上であろうと推測できる。
……お婆はいま一体いくつで、いつからここに庵を結んでいるんだい……?
まさか俺たちはとんでもない偉人にコンタクトしたのではないだろうか……。

ちなみにお婆は一人ではなく、お店にはもうひと方、同じくらいのお年のご婦人がおられました。
ずっと一緒にやっているのかね。なんだかすげえや。

釈放されたあと、さあ人間界へ帰ろうとのりばに行くと、
次の便は近かったのだが随分ギッシリと並んでおられ、もしかするとギリギリ乗れないかも知れない、
というほどであったので、20分ほど時間をつぶして次の便を待つことにした。



……キミらさあ、こんなに人間おんのに、なんで誰もあの店に来ぇへんかったん?



例の、例の占いマシンが故障した不信心な親子くらいやん?
こんだけ、ロープウェーに乗り切られへんくらい人来てんのに。
この前にも後にも、ロープウェーは20分間隔で運行しているのに。
あの店来た人、ゼロやったやん?
試しに「昇仙峡 かき氷」などでググってみても、
何やらクソオサレな山ガールやサイクリストのいけ好かないブログやインスタばかりが見つかって、
山頂でお婆さんにつかまり、入間のコストコの冷凍餃子がウマイ話を聞かされた、
などの奇譚は一つとしてヒットしないのです……
お前ら、昇仙峡までいって、あの話を聞かないで何をやっているのか!
何を思い出と呼ぶんだ、お前らは。

Dsc02556
窓部が顔出しになっている、ある意味逆転の発想の看板。
Dsc02568
景色は普通に絶景なんすよ。


20分ばかりは、謎の鈴投げ入れアトラクションと、
変わりダネ顔出し看板(ロープウェー型の窓から顔出すタイプ)などで楽しく過ごした。
オッサンてなんでも楽しくできるから最高だな。
これがJKやOLではそうはいかないであろう。



■1日目:昇仙峡・仙娥滝



さあ、山頂で1時間半ほども費やしてしまいました。
昇仙峡は、なんて見るトコ盛りだくさんなんでしょう。
地上に降り立った我々、ようやく昇仙峡の本丸に切り込んでまいります。
ここから昇仙峡さんの本気が……

  テ氏「そんじゃ、ちょろっと滝くらい見て帰りますかw」
  ヨ氏「でっすねw」

きみたちw! なんでもう「見終わった」みたいな空気を出しているんだねw!!
分かってるぞ、キミらもうすっかり腹ペコなんだろうw!
そりゃそうだよ、だってもう1時半なんだから。
山頂であんなに時間食うなんて思ってないだろ!
そういうときはもう「空腹はゴハンまでとっとこう」なんて考えないで、
なんかお腹に入れるんだ! じゃないと、落ち着いた気持ちで景色を見られやしないんだぞ!

  以上、途中のコンビニでパン買って腹ごしらえ済みの人の意見です!
  マ、あとで美味しいものをお腹いっぱい詰め込みたい!
  って気持ちはよく分かりますが。
  まあいいさ、見てろよ、あとでモノスゴイのたらふく食わせる店に連れてってやっから。
  ですけども、ホント皆さん、旅行で景色を落ち着いて見たいときは、
  お腹の具合は先に整えた方がいいですよ、ホント。すきっ腹は落ち着きがなくなるから。

そうして向かった先が、昇仙峡のメインスポット、仙娥滝と覚円峰。
「ロープウェーの駅を降りたら、歩いて5分くらい」というお婆の情報に従って川沿いを下っていき、
なぜかエイリアンVSプレデターが展示されている(ホンマになんでや)謎のみやげもの長屋を抜けると、
年季を経て見るからにザワザワした手触りの、ひやりと冷たい鳥居が現れます。

Dsc02705

Dsc02706


それをくぐり、左手に切り落とされた断崖、右手にはそびえる岩壁を見つつ下った先に、
舞い上げられた水の粒子が早くも辺りをつつみ込み始める。
渓流だけが持つ涼やかな水気(すいき)に、体がつま先から洗われていくのが
ありありと感じられるようになる。
石段も、岩壁も、どんよりくぐもった鼠色とこげ茶色の中間の色をしているのに、
空から降りてくる光の淡い緑が一枚加えるトーンが、それらを打ち消して余りある明るさを作っていた。

Dsc02589_2

Dsc02592


そうしていよいよ姿を現す、仙娥滝。
はあ、これはなるほど、立派な滝。荘厳。
水もどうどうとたいへんな勢いで、滝の頬とも呼ぶべき、しぶきに濡れる巨大な岩の壁も艶っぽい……。
ちょろちょろ注いだり、サラサラ舞い散ったりするのも滝ですが、
これはもう、昔話の滝。ザ・滝。文句のつけようのない滝オブ滝。た&きであります。

滝というのは、いつも思うのだが、見聞きするにとどまらず、体感するものである。
写真では言わずもがな、動画でも、伝わるものは全体の1割、2割というところだろう。
今はやりの、VRや4DXを組み合わせて世界中の滝を楽しむコンテンツを作れば
かなり良いのではないだろうか。

Dsc02594

Dsc02610

目で味わう情報の全体を占める割合が、他の景観に比してきわめて微小であることに改めて驚かされる。
音と、肌に感じる水の気配と、その水によって感じる匂い、
そしてその落差を形づくる閉鎖されながら解放的でもある「大きな小部屋」のような空間に、
その空間を支える岩や木々それぞれの、巨大な密度ある質量の存在感。
擬音で表現すると、

 どずん!
 ガン!
 ふわっ……
 ゴドドドドドドドドドドド……

というような(分からんわ ← いや分かるよ)。
大きなものの前に自分がいることよりも、自分が小さくなった錯覚の方を大きく感じる。

この日はもう、天候的にはこれ以上ないくらいのパーフェクトウェザーだったので
大変にすがすがしかった
ここ多分、曇りか、小雨くらいの時に行ってもまた違う良さがきっとあるであろうなあと思う。
マその場合、足元には厳重な注意が必要だろうけど。



■1日目:昇仙峡・覚円峰



……どうでもいいけどさ、昇仙峡行って、
茶屋のオモシロお母さんを、仙娥滝と覚円峰と同じ扱いの章区切りで扱って書くのって
どうなんだろうね。イヤいいんだけど。

天上で過ごした仙人との時間で随分と予定が狂ってしまったとあって焦りを見せ始める
(あと大変お腹が空いている)二人を
「もうちょっとだけ! もうちょっとだけ奥まで行ってみません?」
と説き伏せ、もうチョットだけ奥へと進むことに。 先っちょだけ! 先っちょだけだから!!

……マそもそも、仙人の庵にウカツに近寄り
問答無用のマップ兵器でズドンとやられたのはオイサンなので、
時間食ったのはオイサンのせいみたいなところはあります。
これでもし、進んだ先に見どころが何にもなかったらどうしようか、と若干ビビっておりましたが、
角を一つ曲った時点で、その不安はどこかへ消し飛びました。

Dsc02644


覚円峰とその周辺の景観については、マ以前書いた通りで、
頭上に大きく、庇のように張り出した岩をくぐった先で急に広がる渓流の眺めが大変ドラマチック。
自然というのは本当に、想像を越えてくるくせにある種人間臭い、
心になじむ景色を作ってくるから畏れとともに親しみを覚えざるを得ない。

覚円峰さんは、目の前にもう突然、ずがんっ! っと。
ずがんっ! と垂直立ち上げの人であり、また流れの対岸に一人でおられるので手にふれることも出来ず、
狂った遠近感の向こう側で、どこか蜃気楼のように佇んでおられるので、
あまりこう……現実感がない。
「高さ180m」というスペックも、正直、この感覚の前ではあまり意味がないように思われる。
皆さんにも分かりやすくたとえると、
ダイターンがガオガイガーを肩車したくらいの大きさです。

  ちなみに、かの有名な一枚岩、オーストラリアのエアーズロックさんは地上からの高さは350m弱らしい。
  真下からずばっと見上げたら……どんなもんだろうか。やっぱり差はわかるのかな。
  あと、エアーズロックさん、
  最近は現地人の呼び方で「ウルル」という呼び方に直されているご様子ですね。

ぬぼっと高く、凹凸はありますがことさらゴッツンゴッツンした感じではないので
赤いペンキで「SOUND ONLY」とか落書きしてやりたい(怒られます)。
前回、「水墨画の様だ」と書いたのですが、そう書くのは、
現実味、存在感の希薄さを無意識に感じとったときなのかもしれませんな。
はっはっは。 ← 何を笑ろとんねん

Cdsc02641



こういう大きな岩には、険しさよりも、語り掛けてくるようなやさしさ、
包容力のようなものを感じてしまうのは、この星のザ・岩な部分を感じてしまうからなのでしょうか。

などと、先へ進むほどバリエーション豊かに変化する景観と、とうとうと流れる清流に身を任せていると
時の流れにのってどこまでも行ってしまいそうだったので、
ここらでおしまいにして次のスポットへ向かいましょう。
ていうか、お二人の空腹がきっともう限界だ。

Dsc02659



自分ひとりだったら、きっと本当に、朝から晩まで丸一日、
上から下まで何往復もして過ごしてしまうことでしょう。
ていうか、今度一人で来てそれやーろうっと。
早朝の光と夜の光できっと全然違うであろう。



……。



サテまたしても長くなってきたのでここらでお別れ。
次回、ようやくお昼ゴハンにありつきます。

Dsc02673


オイサンでした。

 
 

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

■裾野に根付く~甲州・昇仙峡ぶらり旅・その一~ -更新第1127回-

先にもお伝えした通り、GWに1泊2日で、山梨は甲府にある昇仙峡を訪ねてきました。

素晴らしい景観と美しい水と、豊富な才能といろいろと過剰な料理に恵まれた
それは素晴らしい旅だったことは前回書き残した通りなのですが概略を記したに過ぎず、
アレでは圧倒的にディティールが不足しているので、
描き切れていない様々な驚き、甲州七大驚異についてつぶさに書き残して置こうと思います。

なぜならコレは日記なのですから。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 黎明~Awaking~ ━■■■
================================================================



先の日記でも書いた通り、今回の旅は、始まりと成り立ちからして
いくつかの偶然が織り重なって出来たモノでした。

行先を決めるに当たっては、候補に挙がった山梨という言葉に私が反応しました。

旅の数週間前、私はたまたま一人で甲府を訪れていました。
旅先には、比較的近隣で、静かで、人の少なそうな町を選んだつもりが、
その日はたまたま町の一番のお祭りの日で騒がしいことこの上もなく、
辟易した私は、目抜き通りを外れた小さな喫茶店に逃げ込んだのでした。
そこで、よくしゃべる店の女将に、昇仙峡という渓谷のことを聞いたのです。

旅を仕切るテ氏が行き先の候補を挙げた中に山梨があり、
昇仙峡のことを思い出した私が、そういえばこんな場所があるらしい、と、
よく調べもしないうちから名前を挙げたことが、第一のきっかけとなりました。
出立の日も近付いていたので、サッサと行先を決めてしまいたい、
という心もあったのかも知れません。

いずれにせよ私たちは行先を甲府・昇仙峡と定めで旅に出、
そこで一人の怪人……否、賢者、仙女と出会うことになるのです。
彼女はそこに、50年住まう者でした。


第2の偶然は、テ氏が選んだ宿の場所でした。
ここだ、と彼が送って来た宿の地図の場所を見て、私は思わず目を眇めました。
その宿は、私が一人旅行をしたときに立ち寄った、奇怪なメシ屋のすぐ傍でした。
そのメシ屋は、味こそやや濃いめではあるものの普通の範疇でしたが、
その立ち居というか、佇まいというか、風体というか、
つまりは見た目と雰囲気が独特、
独特中の独特、
ザ・独特、
独オブ特でありました。
世間には、監獄を装うなどエキセントリックな見た目を
セールスポイントにしているレストランなどが多々ありますが、
本人はそんなつもりないのに結果あんな感じになったお店、と言えば良いでしょうか。
そんなお店であるので、私は特段、2人の旅仲間にお店のことを教えたり、
お連れしたりするつもりもなかったのですが、
そんな偶然の方からこちらへ歩み寄って来られてしまうと面白くなってしまい、
彼らにその店のことを話してしまいました。

  彼らがあのテの魔窟をよく好むことは知っていたので、
  そこに恐れや躊躇はありませんでした。

そうして初日の昼をその店で摂ることが決まり、
……そこでもまた、私たちは一組のエキセントリック老年カップルと出会い、
独特の世界観に飲み込まれることになったのでした。
彼らはその場所で、40年に渡ってあの頑迷なメシを人々に供し続ける者でした。

最後の偶然は、初日から連なり2日目に起こりました。
今回の旅はとにかく快適だったのです。
天候は最高でした。
空はよく晴れ、暑すぎず、寒すぎもせず、そして道路事情も素晴らしく快適で、
日本一の大型連休のさなかであったにもかかわらず渋滞知らずでスイスイと、
我らがジェントル号の足はよく回ってくれました。
そのせいで……我々は、「あまりに早く目的地に着き過ぎる」という道の恐怖を体験することになりました。
なにぶん、予定を「昇仙峡に行く」しか考えていなかったのです。
しかも、それは2日目に行われる筈でした。
初日は、甲府の町近辺でもゆっくりと見て回り、少し早い時間から宿と飲み屋にでも入って、
のんびりマッタリしようじゃあないか、という
壮年の男にありがちなプランニングをしておったものですから、
さあ困った、いざ初日の午前中のうちに甲府についてしまいそうだとなってくると
さすがにそんな時間からは宿には入れない、飲み屋にだって入れない。
慌てふためいた我々は、昇仙峡は初日のうちに見てしまおう、
明日は明日で何かを考えようと、なんともらんぼうな、
行き当たりばったりにもほどのあるプラン組み換えを敢行したのです。
その時誰かが……たしかヨ氏であったと思うのですが……言った、
「水のきれいな場所とか、なんか近くにありませんでしたっけ?」
という言葉から、2日目の目的地として忍野八海が決定されたのです。

そしてそこで、幼い頃に訪れたことがあるというヨ氏の記憶に導かれ、
訪ねた謎の「製麺所」にて……そこで30年のときを刻む最後の賢人、
ビジネスモデルの神と巡りあうことになるのでした。

大きな3つの偶然と、出会う3人の……厳密には2人と一組の……怪人。
90年代の終わりに2000年代のテクノロジーを悉く予見した、
名著『機動警察パトレイバー』の中で、
登場する敏腕刑事・松井がこのようなセリフを残しています。


 「俺も偶然は二つまでは許すことにしてるんだ。
  しかし三つも重なったらこいつは偶然とは思えん、何らかの必然があるんだ」



あまり想像したくはありませんが、そう、これはもう必然なのでしょう。
テ氏と、ヨ氏と、そして私、3人には、怪人を引きよせ、怪人に引き寄せられる
素養が備わっているに違いありません。
スタンド使いみたいなモンです。
今こうして思い返してみても、不可思議な出会いの糸が、
何者かの優秀なストーリーテラー……たぶん堀井雄二あたりだと思いますけど……によって
紡がれていたのではないかと思える、そんな旅でした。

……マ前のときにも書いていますけど、大筋はコレで大体全部なので、
あとは細かいところが気になる人だけ読んで下さい。
お写真なんかも、良いトコは前の記事で大体載せているので、そっちを見れば済んでしまいます。
3賢者のありがたいお言葉をつぶさに心に刻みたい勇者だけが、この先の頁に進んでいい。



さあ、旅を始めましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■━ 1日目 ━■■■
================================================================



■1日目:出発 八王子~奥多摩湖~国道411・大菩薩ライン



集合は朝の6時。
よつさんは、前日何やらとてつもない肉を食らっている様子がTwitter上で見受けられたので、
もしかすると羽目を外して、今日こそは久々に良いシゴトするかも(※)?
と期待されましたが全然オンタイム。

  ※遅刻するかも、の意


Dsc02325


GW期間中とはいえこの日は平日で、八王子、青梅を抜けて奥多摩湖へ向かう途中では、
垢抜けないJC、JKや学ラン姿のクソ坊主、
サッソーと自転車を走らせるイケメン学生さんらと道を行き交うので、
退屈しのぎに、「こいつはモテねえ!」「こいつはモテる。余裕がある」
などと、積年の知見を元に的確な品評会を開催しておりました。
すまない学生諸君。
オジサンたちは平日に遊んでいる上、これから学校へ行こうという君らをダシにして
ワリと笑わせてもらったぞ。

  しかしそれは仕方のないことなのです。
  なぜなら、この時点では旅がどういう方向に転がるか、まだわからないのですから。
  何かしらでも拾いあげて土台固めをしておく必要があるのです。
  なにも素晴らしいことが起こらなかったとしても、
  なにがしかの「楽しい」があったことを、組み立てておかなければならないのです。

時間の割に車の数は目につくものの渋滞とは無縁で、
妖怪ペダル、妖怪ばくおん、妖怪山登りジジイ・ババアなどの妨害も少ない。
奴らの出現は、やはり休日であることが条件であるもよう。
ただし今回は新たなトラップとして、妖怪路肩三脚ハミ出し老人の出現が数体確認されました。
あれは動的なトラップではありませんが、危ないな。
この世ではみ出していいのは、唯一二次元ギャルの乳輪だけである。

Dsc02335

「平日の朝のワリに人がいる」と、テ氏も驚きの奥多摩湖。
まあワンサカというほどではないけれど確かに人影は目につき、
しかしそれ以上に目についたのは燕の多さでした。
気を抜くと衝突しそうな数と頻度でヒュンヒュン飛び回っておられ、
見れば、あずまやの軒に巣を建設中のご様子。


Dsc02286

Dsc02297

Dsc02302


30分ほど休憩ののちエンジンを再始動させ、いよいよ道は青梅街道・大菩薩ラインへ。
大菩薩ラインは、国道411号線の、大体奥多摩湖の西のしっぽの辺りから、
甲府に入る手前あたりまでをその様に呼ぶようです。
テ氏もお気に入りの道なのだそうで、
「いきなり現れるヘアピンとかあっていいんすよ。
 うちの奥さんと『爆笑カーブ』って呼んでんですけど!」
とご満悦。笑ろてる場合なんスかそれ。

  ※テ氏の安全運転技術はグレイトです。

そんなテ氏オススメの大菩薩ワインディングロードをワインワインすること、1時間あまり。
私たちは、塩山千野のセブンイレブンにおりました。


Atrdsc02412



「まだ10時……。道がすいてたら、奥多摩湖からここまで1時間で来れちゃうんだなあ」


しみじみとテ氏が言いました。

オイサンは、自動車の運転を一切しないせいか、
他の3人(※隊長を含む)に比べると道路のことや途中の休憩ポイントの特徴などについて、疎い。
しかしこのセブンは印象に残っていて、以前もここで休んだ記憶が甦ります。
坂の途中にあるからなのか、建て方が乱暴なのか、
なんかちょっと傾いている感じがするからかもしれない。

このままいくと、11時には甲府に着いてしまいます。
甲府で何をするのか? 実は、何もありません。
冒頭でも述べた通り、今回の旅の大きな目的は昇仙峡だけであって、
あとは「なんかのんびりしよう」くらいしか考えてこなかった。
昇仙峡は明日、今日はゴハン食べて湯に浸かってエッヘッヘッヘくらいの、のんべんだらりよていなのん!
無計画じゃこまりますん!

そこで、……記憶は曖昧なのですが、
「なんかこの辺に、水がキレイなとことかありませんでした? 前言ってた……」
と言ったのはヨ氏ではなかったでしょうか。
それを聞いてピンと来たのが忍野八海でした。
甲府から近いかどうかは、オイサンのモノサシではわかりませんでしたが。


  「忍野八海? 帰り道に? 行けるの?」
  「調べてみる……全然ヨユー」
  「じゃそれで」


決まりました(はやい)。



■1日目:昇仙峡ロープウェー~パノラマ台駅



そこから一時間あまり。
甲府の町を一旦抜けて、山に入り、昇仙峡のエリアに足を踏み入れます。
オイサンは言い出しっぺなので、昇仙峡の大体のマップは頭に入れてきております。
できる子。
……の、筈だったのですが。

昇仙峡は、甲府の北の山中を南北に流れる荒川に沿って形成された渓谷で、
オイサンの調べたところでは、その北端と、中ほど、南端の三か所に代表的な駐車場があるようでした。
端っこの駐車場に止めて反対の端まで歩けば1時間半ほどらしく、
自分ひとりであればそのコースをとるだろうけど、
さすがに三人でそれだけ歩くのは、時間的にも距離的にも無理があるので、
クルマを見どころの集中する真ん中の駐車場に停め、その周辺を散策するプランを提案しました。
……の、筈だったのですが!

一つ目の駐車場がゲキ混みだったので。
知ってます? ゲキ混み。ゲキ混んでんすよ。
まだ奥に駐車場があるので、もう一つ奥まで行きましょう、とテ氏にお願いして車を走らせてもらったトコロ、
着いたのは……どうやら、最も奥まった駐車場。
あるぇ~~お~かしいぞお~???
……どうやら、先ほどパスしたゲキ混みPがセンター駐車場で、
南端の駐車場は気付かぬうちにパスしてしまっていたらしい……。
すまないみんな、オレのせいでこんなことになってしまって……。

Dsc02446


しかしそれしきのことでうろたえる我々ではありません。
順調であることには滅法弱いが、乱れることに関してはオーソリティなのです。
これまで伊達に、100㎞も寄り道をしたり、
木崎湖に行くつもりが白馬までに行ってしまったりしてきたわけじゃない、この程度はへのカッパ。
「じゃあもうここを拠点にしちゃいましょう。駐車場広いし」
と決断し、車を降りてすぐ目に入るのは……
穏やかな荒川の流れと、昇仙峡ロープウェーの文字。

しかし今にして思えば、この誤りとも呼べない些細な道誤りも、
今回の旅の重要な偶然ファクターであったかもしれません。

……もし首尾よくセンター駐車場に車が停められ、
下流からさかのぼるお仕着せの探勝ルートを辿っていたならば。
ここにたどり着くまでに、観光らしい景勝を存分に堪能していたならば!
……果たしてテ氏は、苦手を押してまで「ロープウェーに乗ろう!」などという決断を下したでしょうか。
オイサンのアタマでは、このロープウェーには乗るつもりはなかったのです。
なぜなら、

  テ氏  「……ロープウェー乗りましょう。せっかくだから」
  オイサン「え? ダイジョブなんすか?」
  テ氏  「全然。ダメに決まってるじゃないですか」


こちらの御仁、高いところがダメなのである。
だからネットで見たときから、オイサン的には「この乗り物はハズシだな」と考えていたのだが。

  テ氏  「乗りましょう! せっかくだから!」
  オイサン「え? 本当にダイジョブなんですか??」
  テ氏  「全然!? ダメに決まってるじゃないですか!!」


男気という奴です。もしくはドMです。
まオトナが自分で「大丈夫だ」とこれだけ言うんですから、
周りとしては、それ以上何も口出し出来ることはありません。
乗りましょう乗りましょう。

弥三郎岳ロープウェーは、片道約5分、往復で1200円。
マ平均的な観光ロープウェーと言えましょう。
大きな混雑ではありませんでしたが、オイサンらはその便のほぼ最後尾での搭乗となったので
ワリとぎゅっと詰め込まれた感じです。
個人的には、マこんなもんだろうな、という運行と眺望であったのですけれども……
降りてみると、テ氏とヨ氏が何やら盛り上がっている。

  テ氏「あいつらが! あのブサイクが!」
  ヨ氏「ですよねw! ですよねw!」


あとから聞けば、どうやらぶっさいくなカップル……失礼、美しさの著しく不足した一組の男女が、
その見た目に違わず、心の美しさも一緒に母親の腸の中に置き忘れてきたらしく、
ロープウェーの恐怖に打ち震えるテ氏の眼前でムイムイちゅっちゅと
いちゃラブワンダーランドを建国していたのだそうな。
普段は温厚で、他人を悪しざまに言うことなど一切ないテ氏であったが、
このときばかりは憤懣やるかたないとばかりに
そのいら立ちを面白おかしく爆発させておらっしゃった。

なんでも、ゴンドラの外を見るのがおっかないので内側に目を移せば、
ギュウギュウの車内ではもう目の前のブサイクラブキャッスルしか目に入らず、
それでも構わず彼らは分泌物の交換に余念がないという状況で、
引くも地獄、進むも地獄の昇仙峡・愛の絶景地獄であったらしい。

  あっはっはっはっはっはwwww災難だったなwwwww ← 鬼


 テ氏「まあ、そんな人の容姿を悪く言うつもりなんかないですよ?
     ないんですけど!
     それでもあのブサイク……!
     あいつらねえ、あの濃厚さはきっとまだ付き合い始めたばっかですよ!
     あんなモンひと月は持たない! 絶対です! 3週間かなーもって!
     ホントもう、めちょめちょベチョベチョと……男の方もですけど、
     女の方! 絶妙ですよ! ブサイク! しかもカラダの方がロケットおっぱいでしょ!?
     あのワガママボディでブサイクとかもう……尚のことたちが悪い!」



と、オイサンとヨ氏も、手を叩いて賛同するよりほかなかった。知らんけどw
いや、まあ、確かに。
言われて意識して見てみれば、
ロープウェーを降りた先の山頂に点在するスポット先々での彼らの淫行は目に余るものがあった。
もう少しこう、節度をもってワイセツ行為に臨んでもらいたい。

  このあと、宿に帰って今日一日を振り返った際に、
  彼らはこの先つがいでいるであろう期間(見積もり)から
  「3週間フレンズ」
  と名付けられることになる。
  我々の眼前で、ヘタにオモシロ行いに及んだのが運の尽きである。
  コチトラ何だって拾っていくんだからな? コノヤロウ。

……というワケでこれからしばらく、この弥三郎岳山頂周辺のスポットをご紹介してまいりますが、
我々の周りでは大体常にブサイクなカップルが濃厚ラヴを育んでいると思いながら読むと、
暑苦しくて良いと思われます。

ロープウェーでは、弥三郎岳の「パノラマ台」と名付けられた場所まで上がることが出来ます。
山頂まではそこから20分ほど尾根を歩かなければならないようですが、
我々はそこまでは行きませんでした。

パノラマ台からの眺めでも、晴れてさえいればどこからでも富士山と南アルプスの山並みが見渡せ
十二分に美しかった。
ザ・絶景。
……にもかかわらず、コレである。


Dsc02471


どうです、この自信。
絶景なら、キミの背後にもあるではないか……。
「こんなもんじゃないんだ、本当の絶景はこの先にあるんだよ!」
と押し付けてくるこの態度に、
「……もしかして、この後ろの崖の下になんか見せたくない物でも転がっているんじゃないか?」
と勘繰りたくなるほどのリードぶりである。
そしてこれである。


Dsc02470


「くん」を付けただけで愛着がわくからすごい。
大事なものであるなら、せめて屋根の下に置くとかケースに入れるとかすれば良いのに。
野ざらし。
それに、周りにこれだけの絶景があるのだから……
ナンも、敢えてここにモーターを展示しなくても良いようなものだが……。

  責任者「おい、こんなに何もなくて大丈夫か。山しかねえぞ」
  下っぱ「た、確かに……。せめてコレ置いときますか?」
  責任者「おう、無いよりマシだ、置け置け」

ってなモンであろう……つまり!
「モーターくん」がここに置かれていることは、
この絶景がこの辺りで暮らす人たちにとっていかに特別でないタイクツなものであるかを
逆に示している……のだと思われる。奥が深い(深いものか

一応、この山頂付近には絶景ポイントがいくつか用意されているのだけど、
正直どこから見たってどれも絶景オブ絶景、絶オブ景、絶&景なので、ひとまとめにお写真置いときます。


Dsc02522_2

あ、ただし、天気が悪かったらナンモ見えないと思います。
そんな時こそこの、モーターくんの出番であろう。
旅が雨で台無しになった旅行者の心を、そっと慰めるモーターくん!
……マ、そぼ降る雨に濡れる、役目を終えた野ざらしモーターを見て、
盛り上がった観光マインドがどれほど満たせるか……オイサンは知らんが。
それでテンション上がる女とは付き合いたくない……かな? イヤちょっと興味あるな(知らんわ


Dsc02456

Dsc02513 Dsc02515
よくある鳴らすと幸せになるアレ


ほど良く長くなってきたので一旦ここで。
次回、いきなりクライマックス。
オイサンでした。

↓次回の惨劇の舞台

Dsc02529


 
 
 

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2024年8月 »