« ■ボギー、調子はどうだい?~映画『勝手にしやがれ』を見る~はじめてのゴダール~ -更新第1134回- | トップページ | ■ご注文はうさぎ丼、千夜ダクで。 -更新第1136回- »

2017年7月11日 (火)

■些伽巳日記~Sagami-Nikki~マッケンロー VS ファースト・フレディ -更新第1135回-

先日オシゴトから帰ってテレビをつけたらウインブルドンの中継をやっていた。
かつては西奈良のマッケンローと呼ばれたオイサン(呼ばれていない)としては、
近い将来コートであいまみえることになるであろう錦織選手
(近い将来コートであいマミえることにならない)のタマスジ(カタカナで書くな)を見極めようと、
着替えたりする(覗くなよ?)傍らでしばらく流していたのだが、
実況や解説がとても的確でクオリティが高く、上等で上品であったように思いました。
テニス全然知らないけど(西奈良のマッケンローじゃなかったのか)、
見てて聞いてて面白かったですもの。
あーそうなんだー、そういうことなんだー、と。

  しかしお前、マッケンローて。

このところ、深夜にやっているmotoGPのレースもなんとなく録画して見ていたりするのだけど、
アレの実況・解説とは一味もふたあじも、
その、なんていうか……上質。
なんて表現すればいいのかしら。
motoGPのアレはアレで良いものなんだけど、……格が違うというか、目指している質が違うというか。
軽自動車と、上等なクルマ、みたいなことですよ。
つくりと値段と、用途が違う、みたいなことですよ。
イヤ、この際用途は同じなのか? わかんねえけど。
なんだろう、余裕のあるお金持ちが、ゆとりを持って解説をしている、みたいな感じだった。

  ……なんだと? バカヤロウ! 誰も、
  「motoGPのテレビ解説が『貧乏人が切羽詰ってやってるみたい』」
  なんて言ってねえだろうが!!
  曲解するんじゃねえよ、バカヤロウ!

▼PS2 motoGP Opening



  ……いや、ホントそんな風には思ってませんよ? エエ、モチロンですとも、エエ……。
  アレはアレで、知ることも多いし、面白いものだと思って見てますよ。
  がんばれドヴィツィオーゾ!(突然の応援)
  でもウインブルドンの解説が、とてもしっとり落ち着いたものであったことと、
  「……motoGPのとえらく違うな」と、瞬間的に思ったことは本当。
  どちらも世界最高峰クラスの試合なのに。
  マ競技の性質とか、お客さんの嗜好に寄り添っているということだと思います。
  当たり前のことです。

あとテニスって、最近では「チャレンジ」なんていうルールがあるのね。
最初は何のことか分からず見てたけど、
どうやら怪しい判定(ボールが入ったとか入ってないとか、ネットに触ったとか)については、
選手が申請すると、回数制限つきでカメラ判定をしてもらえる制度らしい。
いいじゃないの。
ちゃんとしてるじゃないの。
さすが、紳士のスポルツ。
ていうか紳士のスポルツを自称する競技が、紳士らしいことを導入してるの初めて見たわ。
サッカーや野球も、似たような仕組みを導入すればいいのに。

と思ったら、サッカーの方では入れてるところもあるようで、
しかし精度そのものはあんまり高くないみたいですな。
「人間の審判が間違ったか?」と思われたときに
文句が出にくくするための第3者的装置として使える、程度の精度しか、まだないご様子。
そう思えば、全部を機械にやらせないというのは賢明な判断なのかもしれません。
AIと人間が共存する、根っこの方の良いサンプルを見た気がいたします。
フレンズはみんな、とくいなこと違うから!


オイサンでした。
 
待ってよー、サーバルちゃーん。


  アハハハハハ・・・・
     ウフフフフフ・・・・
      マテマテーーー・・・・


 

|

« ■ボギー、調子はどうだい?~映画『勝手にしやがれ』を見る~はじめてのゴダール~ -更新第1134回- | トップページ | ■ご注文はうさぎ丼、千夜ダクで。 -更新第1136回- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■ボギー、調子はどうだい?~映画『勝手にしやがれ』を見る~はじめてのゴダール~ -更新第1134回- | トップページ | ■ご注文はうさぎ丼、千夜ダクで。 -更新第1136回- »